2010年2月26日 (金)

100個の夢~その後~

あれから、2日後♪ 何とか書き上げる事ができましたo(*^▽^*)o~♪

100個は半端な数じゃないですね!でも今は、まず書き上げたことの達成感を味わっています(^ー+^)

一緒に書きはじめた皆様は、いくつ書けたでしょうか???

100個書けた方、100個まではいかなくても少しでも夢が書けた方は、是非…

「夢が実現した自分」でご飯を食べて下さい。
「夢が実現した自分」で電車に乗って下さい。
「夢が実現した自分」で仕事をして下さい。
「夢が実現した自分」で人と会って下さい。
「夢が実現した自分」で…

 

早速、私もやってみました。例えば、

「まゆげがキレイに書けた自分」で人と会う♪

最初は自信がなくて、まゆげも左右の形が違っているけど、「まゆげがキレイに書けた自分」で日々生活していく。

すると、何ヶ月かして、職場の方々に、「キレイなまゆげだね」と言ってもらえるようになりました。自分のセルフイメージ(自分自身を限定してしまっている領域)が、毎日の練習とともに「成功」のイメージのおかげでアップしていて、本当にキレイに書けるようになっていたのです☆

(最近は子育てを言い訳に、まゆげも書いていませんが(^^;))

 

実際に行動にうつせない夢も、「夢が実現した自分」で生活すると、そういう夢に近い人と知り合う事ができたり、その夢の一端を担うことができたり☆ でも、叶わなくても見るだけでも夢は心に希望の火をともしてくれるので、それだけで明るく生きる事ができますよね☆

他に叶った(または出来た)夢は、

○皆さんに祝福されて結婚
○お年寄りや体の不自由な人にスッと席を譲る
○手紙を書くのが好きになる
○素敵なお母さんになっている
(2006年1月18日に書いた夢より)

などなどです。

 

でも、フッと気を抜くと古い自分が出ききたりして…(^^;) そしてうまく行かなくて、それがモヤモヤになって、さらに心が乱れてしまう。そんな時は大きく深呼吸して、また「夢が実現した自分」で心を満たすように…♪

そんな風に、沢山の夢を楽しみながら叶えていけたらいいですね☆

 

また1年後ぐらいに、今回書いた100個の夢を見返してみようと思います♪

| | コメント (4)

2010年2月23日 (火)

めんまじ

「めんまじ」とは「メンタルマネージメント」の略です。自分の心とうまく付き合って、物事をスムーズに達成するための方法のこと。

私は以前、山崎拓巳さんの著書『めんまじ』、という本を読みました♪なんだか、コトバの響きに惹かれて…o(*^▽^*)o~♪

めんまじについて私の説明ではつたないので、本の中の一文を少し紹介します。

 

***************************************************

「めんまじ」を理解するのに、スノーボードはとてもわかりやすいスポーツかもしれません。スノーボードの板は、乗る人が「見ている方向」に滑っていくからです。行きたい方向を見ていれば、板は自然とそちらに進んでいくのです。大変なのは、視界の中で他のスキーヤーなどが転んだときです。「あ、誰か転んだ」と察知すると、板は自然とそこに向かって突進します。頭では「そっちに行っちゃいけない」とわかっていても、目がクギづけになっていたら、そのままその転倒者に激突します。このように、スノーボードの行く先は、”思考”よりも、むしろ”心のスクリーン”に左右されています。

”心のスクリーン”とは心の中であなたが想像し、映像を映し出す場所のことです。(中略)

その事態を「避けよう」とすることで、その事態が「もう起きてしまった」映像を、心のスクリーンに描いてしまうことがよくあります。すると体はその事態を、「望んでいるんだ」と勘違いして、反応してしまうのです。

***************************************************

 

その例えとして、小さな子供にコップを運んでもらう時、

「こぼさないように!」

と言って渡すと、「こぼした状態」を心のスクリーンに描いてしまって、こぼしてしまう。反対に、

「ちゃんと持ってね♪」

と言って渡すと、「ちゃんと持っている状態」を描くので、こぼさず運んでくれる、というわけです。

つまり、心に描くことを体が反応して起こすわけですから、「良い状態」「成功したイメージ」をまず持つことが大切なんですね~。

そして、成功するためには努力をする事は必要なのですが、その努力にも秘訣があるのです。それを山崎さんは、こう言っています。

 

***************************************************

ここで注意してほしいのが、その反復のやり方です。ただひたすら、練習を繰り返せばいいというものではありません。大事なのは、「成功のイメージ」を反復させることです。失敗した後、「失敗のイメージ」を残したまま練習をつづけると、”下意識”は、だんだん「失敗」を学習してしまいます。”下意識”には、「成功」と「失敗」の区別がつかないからです。

***************************************************

 

※”下意識”とは、意識しなくてもできること。技術のこと。

ここでいう練習とは、スポーツや勉強だけではく、人との人間関係や、普段の行動にもあてはめる事ができるのではないでしょうか。

そして、

 

***************************************************

「成功」も「失敗」も関係なく、

見れば見るほど…
言えば言うほど…
聞けば聞くほど…
書けば書くほど…

”下意識”は、それを強く再現させる傾向があります。(中略)

工夫が必要です。

「成功」のお手本を見ましょう。
「成功」したことを語りましょう。
「成功」ストーリーを聞きましょう。
「成功」した体験を、メールに書きましょう。

***************************************************

 

ここでは、「成功」というコトバを使っていますが、「良いこと」「素晴らしいこと」「感謝すること」「明るいこと」でもいいですね。すると、セルフイメージ(自分自身を限定してしまっている領域)を向上させることができるのだそうです。

セルフイメージを向上させる方法として、山崎さんは100個の夢を書き出します。

「世界中を旅する」「恋人は外国人モデル」「いい男になりたい!」「自分の本がベストセラーに!」… などなど。最後の方には、思いつかなくて、「ホッチキスを買う」とも(笑)。

でも、冗談まじりに書いた100個の夢を、後にほとんど叶えてしまったそうなのです!

「素直さは最大の知性」

という言葉もあるそうなので、私も素直に100個の夢を書いたのです。それは、もう4年も前のこと。(当時のことを、2007年7月4日のブログでは、こう書いています→こちら

久しぶりに、その時書いた夢を見返してみますと、叶っている事もありました!happy02 きゃっほーい♪

 

そこで、4年ぶりに「100個の夢」を書いてみようと思い、何とか70くらいまでは書けました。残り30!頑張って探します☆

少し紹介しますと…

○イラストの勉強をする
○姿勢のよい人になる
○パン焼き機を買う
○気球に乗る
○太陽のようにいつも輝いている
○時間を上手に使う人になる

などなど。大きい夢、小さい夢、叶わなそうな夢、すぐ出来そうな夢… 一杯書きます。めんまじ精神で、今よりも最高の自分を目指して…。

 

長文を最後まで読んでくださって、ありがとうございました☆

| | コメント (6)

2009年8月31日 (月)

幸せマタニティーライフ♪(10ヶ月)

ついに妊娠10ヶ月(妊娠36週~40週)の臨月になりました。お腹の子は、いつ生まれてもよいまでに成長していますhappy01

そこで先日、区で開催している「両親学級」に参加してきました。この両親学級では、お風呂の入れ方やオムツの替え方などの育児体験、お父さんの妊婦体験、赤ちゃんを迎える心構えなどが学べます♪♪♪

驚いたのは、平日にもかかわらず沢山の若いご夫婦が参加されていたこと!!! こういう所に参加するお父さんは、きっと育児にも積極的に参加してくれるんでしょうね~☆ 何だか嬉しくなりましたhappy02

人数が多いので2つのグループにわかれ、私たちは早速「育児体験」をしました。まずは「お風呂の入れ方」。お母さんは、出産する病院で習う事ができるということで、基本的にお父さんが体験します。エプロンをつけた新米のお父さん達が、人形の赤ちゃんを小さなバスタブに入れていきます。体験なので、お湯の張ってないバスタブ。浮力がないので、結構重いらしく、身体のどこを持って良いのか分からないお父さん達は、アタフタ…coldsweats01 でも、皆さん一生懸命で、とってもほほえましい光景でした。うちの夫も真剣に体験してまして、私が言うのもなんですが、模範生だったと思いますgoodgoodgood

その後、オムツの替え方(紙オムツと布オムツの両方)を夫婦で体験。動かない人形でも、結構大変でした。coldsweats01 今まで、子育てをしている妹や周りの方のやり方を見ていたつもりでしたが…。まぁ、慣れるしかないですね~♪

その後のお父さんの妊婦体験では、約6キロのおもりをお腹にくっつけたお父さん達が、寝ころんだり、下にある荷物を立ったまま持ち上げたりと、妊娠しているお母さんの大変さを味わいます。6キロと言うと、臨月の私ぐらいです。順番にお父さん達が体験するのですが、ちょっと体型のいいお父さんは、寝ころぶのも起きあがるのも一苦労な感じで、冷や汗もかいてる様子。お父さん達、お疲れ様でしたchick

あっという間に体験の時間が終わり、少しの休憩をはさんで、出産や育児の心構えなどの講習を受けました。全体を通してのメッセージとしては、「肩の力を抜いて、頑張りすぎない子育てを!」という感じ。確かに初めての子育てで、「頑張らなきゃ!」と思っていた私。

「赤ちゃんは一方的にお世話をするのではありません。互いにかかわりあう中で、人として成長していくのです。マニュアル通りにいかないのが子育て。完璧なお母さんをめざすのではなく、程よく手抜きをして、長続きのする子育てをしましょう。そして、お父さん(夫)の力も借りて、今しか出来ない子育てを2人で協力して行いましょう」

というような事を言われました。本当に色々と勉強になりました。そして、これからの出産・子育てが、とっても楽しみになりましたlovely

 

Image331_2

妹から子供服を送ってもらいました。姪っ子や甥っ子のお下がりです。まだ男の子か女の子か分からないので、色々入っていました。小さいですよね~。帽子は本当に小さくて、ついつい笑顔になってしまいます。少しずつ子育てグッズを増やしていこうと思っています♪♪♪

| | コメント (9)

2008年7月26日 (土)

グッド♪モーニング

『大体、その日一日の運命は、朝起きた瞬間の心持によって支配されます。その瞬間の心持と類似の波長のものが呼び寄せられて来るのであります。真理は簡単でありますが、教えられても行じなければ効果を現さないのであります。これを実行するには、二分間かからないのであります。「私は神の子、嬉しい、楽しい、幸福だ、いいことが来る、美しくなる」ただこれだけの行事で、人生が嬉しくなり、楽しくなり幸福になり、その上、美貌になったらまことに素晴らしいことであります。
朝、一日の始まる其の最初の瞬間に、どの方向へ心を振向けるかと云うことはまことに重大なことであります。朝起きた時に嬉しいような日にはきっと好いことが集って来るのであります。これは類を以て集まる法則によるのであります。』

『新版 真理』第5巻女性篇

朝起きた瞬間、「もっと寝たい…(゜▽゜)」って思ってました〜!!!
美貌にまでなっちゃうんだから、気をつけなくちゃ♪朝から良い心持で出発しようと思います( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (2)

2008年7月 5日 (土)

光(ひかり)…神様の元へ

私たちが結婚して間もなく、赤ちゃんを授かりましたlovely

こんなに早く授かるなんて思ってもいなかった私たちは、心から喜び、毎日をお腹の子のためを思って過ごしました。常にチャキチャキ動いていた私は動きをゆっくりに。食事では野菜や果物をたくさん取るようになり、また夫は、毎日の電車で座席の確保が日課となりました。heart04

両親やまわりの人たちも自分の事のように喜んでくださり、幸せな毎日を送っていました。いつツワリが始まるのかな? と思うほど、気持ち悪さは全くなく、3日に一度眠い日がある程度でした。sleepy

妊娠中に胎児に話しかけると良いと聞いていたので、朝起きた時には2人で「おはよう。今日もありがとう。お父さんとお母さんを守ってね」と話しかけました。happy02

6月28日。仕事中にトイレに行くと、びっくりするほどの出血がありました。驚いた私は、すぐに掛かり付けの産婦人科の先生に連絡。「すぐに来てください」と言われ、夫も一緒に病院に行ってくれました。その時は、「様子見ですね」と言われ、ホッと一安心の私たちでした。

ところが、夜になり腰のあたりに鈍い痛みがあり、寝てもいられなくなってしまいました。夫は「救急病院にいこう」と言って、タクシーを呼ぶためにタクシー会社に連絡をしてくれましたが、何社かけてもタクシーはつかまりません。さらに苦しむ私をみて、ついに救急車に連絡。意識が遠くなる中、救急車の音が近づいてきて、気が付くと救急隊の方々が部屋の中で血圧などを測ってくれていました。

病院までの救急車の車内では、夫の顔が仏様のようにあたたかく、見ているだけで苦しかった事がウソのように楽になっていきました。救急隊の方も良い方たちで、一番近くの産婦人科の良い先生のいる病院に連れて行ってくれました。

病院につくと、すぐに産婦人科の先生の元へ。すっかり落ち着いていた私は、先生と少し話をして、その後エコーで診察をしてもらいました。

結果は…  流産でしたweep 神様の元に帰っていったのです。

その時の先生の言葉を、私はすぐに理解できました。先生は、「流産は、10人に一人はあります。お母さんの生活が悪かったのではありません。赤ちゃんの方から旅立っていったのです。また、きっと授かりますよ」と言われました。

私たちは一杯泣きましたcrying

こんなに突然別れがやってくるなんて・・・

でも、今は幸せを感じています。この子がお腹にいた間、私たちは「お父さんとお母さん」でいられたから。そして、神様の元へ旅立った今も、私たちは「お父さんとお母さん」として、ずっとずっと家族ででいられるから…。

私たちの子は「光(ひかり)」と名付けました。私たちに一杯ヒカリをくれたからshineshineshine

産婦人科医の池川明先生の本によると、流産も立派なお産なのだそうです。少し前にお腹が張っていたのは陣痛で、昼間出血したのはおしるし。夜、生理痛みたいな痛みがあったのは分娩。私たちは、立ち会い分娩を体験したんだそうです。そして、光は私のお腹に宿れたこと嬉しく思っていて、私たちがより一層大きく生長できるようにと、今回のようなスピード出産の形を選んだそうです。

そして、谷口雅春先生は『人生を支配する先祖供養』の中で、

『死産又は、生まれると同時に死ぬような嬰児の霊魂が高級霊であるという理由は何故であろうか。それは、もう既にたびたび地上生活に生まれ変わって来ていて地上生活学校の全科目を卒業したが、まだ子宮内の暗黒世界に意識を有しながら十ヵ月間閉じ込められているという体験をしたことがなかったので、その体験だけを満了すれば地上生活の全科目を卒業するという訳で、子宮内の意識的生活だけを体験すると、地上生活を完全に卒業して霊界に還る訳である。』

とお説き下さっていました。

そっか~。光は自ら選んで短期間の暗黒生活を終え、神様の元へ還っていったんだ~。この地上での勉強はすべて終わったんだね。それだけ魂の高い子だったんだね~。私たちをお父さんとお母さんに選んでくれてアリガトウhappy02

そう思えるようになりました。今は、二人とも最高に幸せを感じる事ができています。そして、今まで以上に小さな事が有り難く、当たり前に生かされている事に感謝せずにはいられません。happy01

これからは、恩返しの人生です。私たちは常に多くの人に支えられています。そして、光の事では、本当にたくさんの方から励ましのコトバをいただきました。心から感謝しています。本当にありがとうございました。

光。これからは、お父さんとお母さんを護って、導いてね。私たちも、光の幸せを心から願っているからね。

| | コメント (18)

2008年2月29日 (金)

四無量心の完成

Image305

『真の愛は、仏の心である四無量心こそそれである。四無量心とは、慈悲喜捨の四つの無量に深い心である。慈悲は誰も知るとおり苦しめる者を可哀そうに思い、その苦しみを抜いてやり、楽を与えてやりたいと云う心である。其処には「好き」とか「嫌い」とかの好悪は混らないのである。「己の如く汝の隣人を愛せよ」である。「汝のうちいと小さきものになしたる憐れみの行為は、われになしたるなり」である。(中略)
 他の喜びに対して同喜することは、常に誰でも必ずしも出来ることではないのである。他の喜びを見て、羨ましく感じ他の人が自分より儲けたならば自分が損したように思い、他の人が自分より出世をしたならば、自分の地位が下ったように思うのは嫉妬であって愛ではないのである。真の愛は、他の喜びを見て、自分も亦喜べなければならないのである。他の出世を見て、わが子の出世のように喜び、他の成功を見て、わが子の成功のように思える者であってこそ「真に愛する」ものだと云うことが出来るのである。
 慈悲喜捨の四無量心こそ真の愛であるが、最後の捨徳こそ四無量心を完成するものであり、同時に最も成しがたき愛行であるのである。通常「愛」とは「愛」する者を自分の側近に引きつけて置きたいものであるけれども、捨徳は、「愛する者」を「愛するがゆえにこそ」捨て、放つのである。小鳥を愛するが故に、小鳥を籠の中に入れて楽しむのではなく、小鳥を自由に放つのである。愛児が瀕死の病いに罹って、もうどうにもならないときに、みずからの好悪によって、その愛児を地上に引きとめて置きたいなどと思うことなく、「み心ならば天国になりと、どこへなりと引取りたまえ」と祈り得る心である。自己の愛憎や好悪を捨て、ただ神のみ心にすなおに委せ切って、自己の最も愛する者をさえも放つのである。』

『新版 生活と人間の再建』 谷口雅春先生著

捨徳・・・。愛する者を放つ! 愛するが故に放ち去る! それが本当の「愛」。四無量心の完成なんですね。ついつい、執着したくなる私です。でもこれは、一生の勉強ですね♪

そして、神様に全てまかせきる!!! あ~有り難いです。神様にまかせてしまうと楽ですよ~。そして、今自分に与えられた使命を一所懸命に生きていれば、どんな道でも開けてくるのです。私は、最近そんな事がよくあります。だから、問題が起こってきて一瞬悩む事があっても、ビクともしません。そして、常に心は神様の方を向くように・・・。

今日もこうして、元気で明るく楽しく、沢山の人々のお役に立てる事を心から感謝しています☆ ありがとうございますhappy02

| | コメント (8)

2008年2月23日 (土)

歌舞伎に魅せられて

Image300

ご縁をいただいて、歌舞伎を見に行って参りました。今回は、初代松本白鸚27回忌追善興行。松本白鸚さんの事はよく知らなかったのですが、松本幸四郎さんのお父さんで、市川染五郎さんのお祖父さんにあたる方だそうです。鬼平犯科帳の中村吉右衛門さんが幸四郎さんの弟さんだという事も初めて知りました♪

追善の「口上」では、白鸚さんのご親戚にあたる方々が、在りし日の白鸚さんについて思いを語り、何だか自分の身内の事のように感動しました。伝統芸能というのは、脈々と受けつがれていくものなんですね~。素晴らしい事が、親から子へ、そして孫へと伝わっていく。それは伝統の世界だけではなく、私たちの家庭でも同じこと。色々な意味で勉強になりました。

席は、前から5列目の花道の横☆☆☆o(*^▽^*)o~♪ すっごくイイ席でした。幸四郎さん演じる熊谷直実が、亡くなった我が子を思って涙する迫真のシーンを真横で見られて、感動! 最後の演目では、市川染五郎さんが女形として踊りを舞い、その後獅子の精にとりつかれ、衣装替えの後の豪快な獅子の舞も間近で見られて、これまた感動、感激しました☆

今回は、歌舞伎の演目も楽しんだのですが、衣装にも大注目!!!! やっぱり私も日本人♪ 着物が着られる事にも感謝しています☆

| | コメント (2)

2008年1月14日 (月)

救命講習!

新宿消防署で行われた「普通救命講習」を昨年末に受講しました。

突然、事故や病気などで救急車を呼ぶような現場に遭遇したら、自分は何ができるだろう??? ずっと思っていました。救急車が要請を受けてから現場に到着するまでには、平均で6、7分かかるそうです。たかが6、7分。でも、その短い間が傷病者の生命を大きく左右するのだそうです。

救命講習では、「心肺蘇生」、「AED(自動体外式除細動器)」、「気道異物除去」の方法を救命救急士から学びます。

「心肺蘇生」とは、反応と普段通りの息がなく、呼吸と心臓が停止しているか、それに近い状態に陥った人に、「人工呼吸」と「心臓マッサージのための胸骨圧迫」を行うことをいいます。講習では、実際に人形を前にして救命処置を行うのですが、教官のゲキが飛び、かなり焦らされるので、私も必死! 「大丈夫ですか!!!」「分かりますか!!!」と声をかけながら行っていると、人形相手なのに、近しい人に思えてきて・・・。真剣度が増しました! 心臓マッサージは、かなり体力を要して、汗だくになりましたが、無事、人形さんの息をふきかえらせる事ができました( ̄m ̄*)V   というのは冗談です(笑)

「AED」は、最近よく駅やデパートなどで見かけるようになりました。高性能の心電図自動解析装置を内臓した医療機器で、心電図を解析して電気ショックが必要か判断してくれ、必要な場合は、音声ガイダンスに従って、電気ショックを与えます。そして、心臓が本来持っているリズムに回復させるそうなのですが、電気ショックを与えたからと言って、心臓がすぐに動くわけではないので、その後、心肺蘇生を繰り返して、救急車の到着を待つのです。

Image286_2

頂いた「救命技能認定証」には、「普通救命講習を終了し、救命技能を有することを認定します」と書かれていました。人々の尊い生命。神様からいただいた生命。私の使命は、人のお役に立つこと。この認定証を常に持ち、もしもの時には身を投げ出して、救命処置を行いたいと思います☆

| | コメント (6)

2007年12月11日 (火)

豆腐

『信仰は お豆腐のようになることです

豆腐は 煮られてもよし

焼かれてもよし 揚げられてもよし

生で冷奴で ご飯の菜によし

湯豆腐で一杯 酒のさかなによし

柔くて 老人 病人の お気に入り

子供や 若い者からも 好かれる

男によし 女によし

貧乏人によし 金持によし

平民的であって 気品もあり

上流へも好かれる

行儀よく切って 吸物となり

精進料理によし

握りつぶして味噌汁の身となり

家庭料理に向く

四時 春夏秋冬 いつでも使われ

安価であって ご馳走の一つに数えられる

貴顕や 外客の招宴にも 迎えられ

簡単なる学生の自炊生活にも 喜ばれる

女は特に 豆腐のようでなければいかぬ

徹した人は 豆腐の如く柔くて しかも形を崩さぬ

味がないようで 味があり

平凡に見えて 非凡。』

今日は、反省の一日でした。この「豆腐」の詩を読んで、豆腐のように「ただそのまま」で、「柔かく」、「人に喜ばれる」生き方をしようと決意を新にしました♪

私らしい「豆腐人生」を歩んでいきます☆

(反省の後には、いい事がありました♪)o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (12)

2007年11月 1日 (木)

絵画教室体験版

以前参加したパステル教室は、ワークショップ(体験型の講座)の色が濃くて、紙の大きさも15センチ四方と小さめ。でも、パステルの楽しさを十分に知ることができました。

そこで本日は、絵画スクールの体験教室に行ってきました♪

それは、それはドキドキしながら、入っていくと、講師の先生の油絵やデッサンが壁にかかっていて・・・。「ほ、本格的だ~\(o ̄∇ ̄o)/」 すでに押され気味な私・・・。すると、声のものすごい小さな男の先生と、笑顔の素敵な女の先生が声をかけてくれました。

まず初めは、下地塗り。もともとパステルは色のついたキャンバスに描くものらしく、私はオレンジを選択。これは楽しい♪。ただただ無心になって、色を入れていきます☆

それが終わると、パステルは粉の絵の具なので、フィキサチーフ(定着液)で、キャンバスに色を落ち着かせます。続いて、白のパステルで、下絵をデッサン。今回描くのは、「グラス」「パプリカ」「ざくろ」。これが中々難しい!!! いつもは、自分の好きなように描いているので・・・( ̄只 ̄) 対象物の天と地を決めて、バランスをとりながら描きます。

時々、先生が見に来てくれるのですが、絵の教室もやっているので、「これで、いいのかな??(ー▽ー;)」と不安もたっぷり。でも、丁度いい頃合いをみはからって、「では次は色を入れましょう」と指示をしてくれます。まずは、大胆に色をおいて、再びフィキサチーフ。今度は、細かいところを硬めのパステルで、ぐいぐいと♪ 影の描き方も勉強になりました。

段々楽しくなってきたところで、あっという間の2時間が終了です。完成ではないですが、こんな感じになりました☆

Image173

描いているうとに、グラスが曲がってしまいました(^▽^;) 時々、離れてみるほうがいいみたいですね。近くで、真剣に描きすぎました。

初めてにしては・・・。と自分では思ってます☆

| | コメント (4)