2007年12月20日 (木)

100万人のキャンドルナイト2007冬至

ゆるやかにつながる「からっぽの時間」

今年の100万人のキャンドルナイトは、そんな「あたたかい雰囲気」がテーマです。

「100万人のキャンドルナイト」は、無理して電気を消したり、大声をあげて反対を叫ぶ運動ではありません。みんなが電気を消すことが、地球温暖化の防止になるということが一番大切な目的でもないのです。テレビや部屋の照明は落としても、ラジオは聴いていたいし、携帯電話で話したい、そういう普段の暮らしの事情をやめてまで、ろうそくの灯りで過ごしても、無理をすることの先にあたたかい未来があるとは思えないのです。

普段の暮らしをしながらも、過剰な電飾の明かりにまみれた日常から少しだけ、自然の光だけで「過ごしてみる」。1年のうちたった2時間、好きなろうそくの灯りをともしてみる。この時間をどういう風に過ごすのかも、みなさんのアイディア次第です。
恋人と2人きりの時間。久しぶりの友達と会ってお酒を飲みながら語る時間。音楽を聴きながら1人きりで過ごす時間。そうして1人1人が過ごす時間の先の未来にわたしたちが描いているのは、自然であたたかい平和な地球の姿です。

100万人のキャンドルナイト実行委員会、5人の呼びかけ人、パートナーの環境省は、最初のいいだしっぺにすぎません。

みなさん一人一人が主催者です。
相反する考え方の趣旨を持っていてもかまわないのです。
普段から大量の電気をつかっているから参加できない、なんてことはないのです。
そんなゆるやかな繋がりがつくる時間を私たちは「からっぽの時間」と呼んでいます。』

このブログを立ち上げたキッカケである「キャンドルナイト」を何度過ごしたことでしょうか。その一つ一つが、大切な思い出であって、私の意識を変えてくれた素晴らしい機会だったと神様に感謝しています。

バースデープレゼントでもキャンドルを頂きましたので、今年も暖かいキャンドルの火を灯して世界の平和を願おうと思っています。

2006winter759x506

☆2007年12月22日(土) 20:00~22:00

100万人のキャンドルナイト

※くれぐれもの取り扱いには、ご注意ください。

| | コメント (6)

2007年6月22日 (金)

カレーの夜にキャンドルを

私の行きつけのカレー屋さん「夢民(むーみん)」では、つい先日から夏限定の「サマーカレー」がメニューに登場し始めました。夏野菜のナスやピーマン、オクラにトマトが入ったカレーです。トッピングのエッグがふわふわ卵で、ほんっとにもう最高の味♪

野菜はルーと別に炒めて、最後にルーと合わさるので、彩りもキレイで、野菜をしっかり食べてる感じがします。高田馬場や新宿にもお店がありますので、お近くへ行かれた際は是非☆ おススメですo(*^▽^*)o

そんな夢民のカレーをこよなく愛する私が家で作るカレーは、毎度毎度、変り種。でも、カレーは、何を入れても美味しい!! と思いませんか??

そこで、今夜のカレーには「ごぼう」と「大豆」を入れてみました。これが、かなり好評でした。ごぼうの風味がカレーから漂って、和洋折衷、大調和です☆ あまりに、みんなが「おいしい、おいしい」と言っていたので、写メをとり忘れた私。( ̄只 ̄) でも記憶に残るカレーでした。また作りますね~。

と、出だしからカレーの話題炸裂ですが、友人たちを招いた今夜は、カレーパーティーがメインじゃなくて、夏の恒例イベント「100万人のキャンドル・ナイト」。

今回は今までの中で、一番沢山のキャンドルに火がともりました。

Image040  Image041

左は、以前NANAさんから頂いた「蓮の花」のキャンドル。いつまでも、神々しくキレイでした。右は、友人のジーコからもらった「星」のキャンドル。何層にも星型のキャンドルが連なっていて、かわいいキャンドルでした。グレープフルーツのアロマオイルも部屋に漂って・・・。

光景だけみると、とってもキレイでしたが、かしまし娘が4人も集まったので、それはそれは大盛り上がりのキャンドルナイトになったのでした。

Image046 私が手に持っているのは、卵の殻に入った「かぼちゃのプリン」。tuiteruさんからの差し入れです。表参道の「キャトル」ですよ。皆さん!急いで(≧∇≦)

お茶のおとものお菓子は、りんちゃんとA子さんが買ってくれました。皆さん、本当にありがとうございました。

今年のキャンドルナイトは3日間あります。みなさんも、火の元には充分気をつけて、楽しい「キャンドルナイト」をお過ごし下さい♪

| | コメント (10)

2007年5月14日 (月)

100万人のキャンドル・ナイト2007夏至

今年もやってきました♪ 一年中で一番昼が長く、夜が短くなる「夏至」の夜に行われる、素敵なイベント☆

「100万人のキャンドルナイト」ですo(*^▽^*)o~♪

Photo_2

今回は、3日間行われます。
2007年6月22日(金)~24日(日)
20:00~22:00

《よびかけ文》
私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2007年の夏至の日、6月22~24日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

070415_2008  70415_2011

私も少しずつキャンドルを増やして、100万人のキャンドルナイトに備えようと思っています。きのこのキャンドルは、かわいくて・・・ まだ火が灯せていません(^^;)

| | コメント (4)

2007年2月 3日 (土)

祈りをこめて・・・

地球温暖化に関する国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は、温暖化は「人的要因」であると発表しました。報告書によると、人の活動で排出されるCo2などの温室効果ガスが、温暖化の原因である確率は「90%を超える」。つまり、温暖化が科学的に解明されていないとする主張が否定され、ハリケーン「カトリーナ」や、集中豪雨などは、私たち人間が引き起こした「人災」という事が言えるのです。Σ( ̄ロ ̄lll)

先日観た、映画「不都合な真実」の中でも、ゴアさんがこの事を強調していましたが、ついに国連でも報告されたという事は、世界中が今まで以上に危機感を持って、行動に移さないといけない所まできているということなのかもしれません。

本日、「世界一受けたい授業」に、ゴアさんが出演されました。
内容は映画のまとめと言った感じでしたが、とても分かりやすくて、今まで地球温暖化についてあまり知らない方が、見てくれていたら嬉しい内容でした。

ゴアさんは、言葉の使い方も重要であると言い、
『「地球温暖化」と言うのは、あまり「恐ろしい言葉」ではありませんよね。私は「気候の危機」という言葉を使っています。』

と言われました。確かに「温暖化」って言葉だけを見ると、温かそうな感じですよね。もっと、現実をしっかり受け止めることも大切。_φ( ̄ー ̄ )メモメモ

最後にゴアさんは、今から言う言葉を、「耳」で聞くのではなく「ハート」で聞いてください、と言ってから一言。

『これには「人類の未来」がかかっています。私たちには、この「地球温暖化の危機」を解決することができます。一人一人の「心がけ」から始まるのです。私たちがもっと真剣に、地球温暖化の危機に取り組めば、「世界を変える」ことができるのです。』

世界を変える! この言葉に奮い立ちました!!私も今まで以上に、取り組みますO(≧∇≦)O

丁度、昨日友人からステキな言葉を教わりました。
「口で、プラスの事を言うと、願いが叶うんだよ♪」

そう言われて、少しして目からポロポロとウロコが!!\(◎o◎)/
「口」偏に「+(プラス)」と書いて「叶」という字になる。って事は、マイナスの言葉を発しても、願いは叶わないって事ですよね~。は~。これまた感動。

ゴアさんの言った「一人一人の心がけで世界が変わる!」というプラスの言葉も、きっと叶うと確信しました。そして、真実を知った私たちは、とにかく行動に移しましょう☆。('-'。)(。'-')。

もし、色々とエコ活動をして、もう何も行動に移す事がないって思った人にも、出来る事があります。それは「祈る」こと。世界中の人々の幸せを。私たちの子供や孫やひ孫や、その先のずっと先の未来の人たちの幸せを。地球上に住む、すべての生物の幸せを。そして、苦しんでいる地球の幸せを。

070203_2235_1 今夜は、祈りをこめて「キャンドル・ナイト」♪

今週とっても頑張った自分への「ご褒美」に買った、りんごのキャンドル・ホルダーです。 あんまり、明るくなかったのが残念でしたけど、カワイイからオブジェでも充分活躍してくれそうです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

火の元にはご注意を!

このブログを応援して下さる皆様へ。

いつも「エコな私のキャンドルナイト」をお読み下さり、本当にありがとうございます。ヘ(^∇^ヘ) みな様の温かいコメントや応援のお言葉には、感謝の気持ちで一杯です。

ここで、改めてキャンドルナイトを実践して下さる方にお知らせです。

冬は乾燥の季節です。キャンドルナイトが思わぬ火災の原因になりかねません。素敵なエコ生活も、事故につながっては何もなりません。キャンドルナイトをされる時は、以下の事をお守り下さい。

・キャンドルは平らな所に置く。(キャンドルホルダーを使用する)
・キャンドルの側を離れる時は、火を消す。
・長時間のキャンドルの使用はさける。
・キャンドルの側に燃えやすい物は置かない。

などです。安全で、環境に優しいキャンドルナイトをお願いいたします♪o( ^-^)o

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2006年12月30日 (土)

エコ鍋パーティー♪

ついに、私の家にバルタン星人が( ̄▽ ̄)ノ

061230_1926 と思ったら、私の見間違い♪ 年末で疲れてるのかしら?o(>▽<)o  どうやら私の目の前に現れたのは「毛蟹」さん。

みなさんお忘れでしょうか? 先日参加した「エコプロダクツ」で、友人のTさんが当てた「毛蟹」さんなのです。

Tさんは、どうして良いか分からず、凍ったまま私の家に。そこで、せっかくなので「エコ鍋パーティー」をすることに☆ 今年のテーマである「うちエコ」の【鍋6カ条】を実践しました。食材はマイバックで買い物し、暖房を使わずホットペットのメリーとウリコ(湯たんぽ)を抱いて、暖房にかかるCo2を削減。鍋から火をはみ出さないように気をつけ、ゴミをなるべく出さないように心がけました。

そして、本日のメインディッシュ「毛蟹」の登場です♪

061230_1937 蟹が多すぎて、なんだか・・・Σ(ノ°▽°)ノ

でも、そこは「天下の毛蟹」さん。身がすっごく詰まってて、美味でございます~\(>▽<)/ 蟹を食べてる最中は、さすがの私たちも倦怠期の夫婦状態で、完全沈黙を守りました!

食べ終わってからは、キャンドルナイトをしながら「THE 有頂天ホテル」をケラケラ笑って鑑賞。一年を締めくくるとっても良い夜となりました。

あ~美味しかった♪ 来年のエコプロでも「毛蟹」を頼みます\( ̄▽ ̄o)/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

「ありがとう」キャンドル

ただいま~q(≧∇≦*)

新潟へ出張に行ってきました。(その内容はまた後日♪)
そのお土産は、やっぱり名物「笹だんご」! 昔、新潟の先輩が実家へ帰るたびに買って来てくれた事を思い出した私は、迷わず職場の皆様へ。(ノ⌒∇)ノ 

「喜んでいただけるかしら?」
と思いながら、楽しくみやげ物コーナーをテクテク歩いていると、私の目に飛び込んできたものが!!(@∇@)

061225_1746 それが、『「ありがとう」ろうそく』
日本一美しい言葉である「ありがとう」の文字が書いてある、小さなキャンドルで、カラフルな色のキャンドルがCDケースに30本も入っていました。(女性限定のお土産です)

これを作った、新潟にある「小池ろうそく店」は、和ろうそくの専門店で、明治26年創業。小林正観さんと出会い、宗教、人種を超えて使える「ありがとう」の文字でろうそくを作ったとか。

今日も沢山の人に「ありがとう」v(o^▽^o)v

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

明日はキャンドルナイト

いよいよ、明日は「キャンドルナイト2006・冬至」です。
全国各地、海外の各所でも様々なイベントが開催されます。私の住む東京でも、渋谷や表参道で、キャンドル作りのワークショップや、キャンドル・カフェなどがOPENします。

みなさんも、お近くのイベントに参加してみてはいかがですか?

100万人のキャンドルナイトに登録されたイベント情報はこちら

先日行ったエコプロダクツで、「蜜蝋のキャンドル」を売っているSHOPを発見♪ キャンドルナイトに向けて、キャンドルを増やさなくちゃって思ってた所だったので、友人を放って夢中で物色!(=ΦωΦ=)
手作りのキャンドルキッドと、プレゼント用のキャンドルセットを購入しました。

061222_0008  061222_000800  061222_0009

みなさんも色々と趣向を凝らしたキャンドルナイトをお過ごし下さい。暗い所や火が苦手な方は、いつも使っている電化製品の中の一つだけでもコンセントを抜いてみるのはどうでしょうか?
今回は、出張をひかえているので、一人静かなキャンドルナイトにしようと思っています。(☆^ー^☆)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

100万人のキャンドル・ナイト2006冬至

2006年12月22日。この日は、一年で昼が最も短く、夜が最も長くなる日「冬至」です。

日本では、この日にゆず湯に入り、カボチャを食べると風邪をひかないと言われているので、小さい頃の私は、ゆずがゴロゴロと入ったお風呂に入るのがとっても楽しみでした。冬至という言葉は、このゆず入りのお風呂に入る事から、病を治す「湯治(とうじ)」にかけて言われるようになったみたいです。

こうして、体のための行事を行ったら、次は地球のための行事です♪o(*^▽^*)o

お待たせいたしました。年に2回、夏至と冬至の夜のビッグイベント!

2006winter759x506mini 「100万人のキャンドル・ナイト」です☆

このブログを立ち上げるキッカケになった「キャンドル・ナイト」が日本中の各地で行われます。なんと、2005年にはお隣の韓国でも行われたと言うではありませんか。(^▽^) 良い事が国を越えて、地球全体で取り組めるなんて、素敵すぎです!!q(≧∇≦*)p

私がキャンドル・ナイトを始めた頃は、雑貨コーナーにアロマ用のキャンドルが置いてある程度で、色々なお店をハシゴしなければ、沢山の種類のキャンドルを見て回る事ができなかったのに、街がクリスマスムードで盛り上がりはじめると、すっかりキャンドルが山盛り状態。しかも、大きさも形も色々あって、大人買いしそうです(^_^;)

昨日の夜の私の部屋。「今夜もキャンドル・ナイトしよ~ヘ(^∇^ヘ)」とウキウキしながら、大きめのミツロウに近づいた、その時!!

「スカッ!」と音がしたまま、暗闇で立ちつくす私。( ̄□ ̄|||)

「いやいや、そんなはずないない。スカッ!」( ̄□ ̄|||||)

人ってすぐには、真実を受け入れられないものですね(^_^;)

握りしめたライターのオイルが完全に底をついていました。何度も1人でカチカチさせて、とうとう、ちびまるこちゃん状態の青スジの入った顔のできあがり。マッチもなかったので、そのままふて寝を決め込んだ私を慰めてくれたのは、メリーとウリコでした。(;_;)

備えあれば嬉しいな♪(憂いなし?)今日買いにいかなくっちゃ☆

06362509 友人のりぃたんさんからは、お風呂に浮かべられるキャンドルを頂いたので、リラックスを兼ねて使うのが今から楽しみです。でんきを消してキャンドルをともせば、私もあなたとつながっています。みなさんも、色々なキャンドルを用意して、スローな夜をお過ごし下さい♪

【100万人のキャンドル・ナイト】

12月22日(金)20:00~22:00

《よびかけ文》
私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2006年の冬至の日、12月22日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。

プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。

一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

貴方的☆ハロウィンのキャンドルナイト

ハロウィンのキャンドルナイトを行って下さった方のレポートをご紹介しますv(≧∇≦)v

___________________

【きゃたさんの場合】

我が家のハロウィン風景をお送りしま~す
8時になったのでいそいそとキャンドルを付けて『ハロウィンのキャンドルナイト』のはじまり、はじまり~
_1
部屋全体にキャンドルをつけるのは初めてだったけどキャンドルだけでもなかなか明るくて快適§( ̄ー ̄)§
_2 ご飯は食べ終わってたのでひとしきり写真を撮って、少しすると子ぶたちゃんはおネムの時間になってきたので一緒に布団へ入って寝付かせて…
気が付くとすでに12時を回るころ 「(≧ロ≦)
ダーリンが何か言ってるけど眠い私はそのまま夢の中~
次の日起きてダーリンに「キャンドルナイトやってくれた?」と聞いてみると、「電気をつけてやろうかと思ったけど10時まではキャンドルですごしたよ!」と教えてくれました。
ありがとね~~~~
やる気満々だったのに布団の魔力に負けてしまいました ( ̄ω ̄;)
ちゃんちゃん♪
『冬至のキャンドルナイト』こそがんばんべ!!!
_____________________
きゃたさん☆ キャンドルナイトを行ってくれて、本当にありがとうございました。ヘ(^∇^ヘ) 家族みんなで行ってくれたのが、とっても嬉しいです。冬至の日もまたやりましょうね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)