« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年4月12日 (日)

新宿御苑の桜

春ですね~cherryblossomcherryblossomcherryblossom

東京もずいぶん暖かい日が増えて、家の前の大きな桜の木も花びらが落ち、葉桜になってきました。花を愛でるだけで、こんなに心が潤う…。花多き日本に生まれて、幸せですhappy01

全国各地の満開の桜のニュースを毎日のように聞いていて、我が家も花見へレッツゴー♪です。そこで、天気のよい木曜日に新宿御苑に行ってきました。

約65種1300本の桜が咲き誇る新宿御苑は、1月中旬頃からカンザクラが咲きはじめ、3月下旬にはヤマザクラなどの一重咲き種、4月にはイチヨウなどの八重咲き種と、長い期間いろいろな種類の桜が楽しめます。

090409_122323_4 090409_123453_3 090409_123706_3

090409_133108 090409_133310 090409_133144

090409_133637 090409_124723 090409_134822

桜は咲いてる姿も、散りゆく姿も美しいですね~happy02

時おり吹く風に、雪のような「桜吹雪」cherryblossom あちらこちらから、歓声があがっていました。それほど、雲一つない青空の中を舞い散る桜は見事だったのです。

平日にもかかわらず、沢山の人でにぎわっていました。子供連れも多く、桜の木の下が親子の集団と、ベビーカーの集団!!!!coldsweats01 圧巻でした!

私のお腹の子は、今回はお腹の中で揺れながらのお花見☆ 今度は手をつないで、また新宿御苑の桜を見に来たいね♪ と、夫と目を細めたのでしたhappy01

090409_123347_3 090409_130523_3  

| | コメント (4)

2009年4月 3日 (金)

つみきのいえ

F406d0920ea027c96d41d110_l_2

第81回 米国アカデミー賞 短編アニメーション賞を受賞した作品を、絵本用に書き下ろした作品ですbook

【あらすじ】
まるで「積み木」のような家。
海面が、どんどん上がってくるので、
家を上へ上へと「建て増し」続けてきました。
そんな家に住んでいるおじいさんの、家族との思い出の物語。

夫が本屋で立ち読みをして、「すごく心が温まる本だったよhappy01」と言っていたので、お腹の赤ちゃんに読んであげたくて、昨日買ってきました。最初は短い文章とイラストを眺めながら読み進めていたのですが、途中からすっかりお話に引き込まれていました。

じわ~っと心が温かくなりました。confident

加藤久仁生さんの絵が本当に優しくて、私の好きな感じです。おじいさんや家族の心情が、そのまま雰囲気にあらわれていて…。建て増し続けられた家と、その家での思い出を、ゆっくりゆっくりと振り返っていきます。

私たちも、家を上には建て増ししないですが(^^;)、きっと、おじいさんやおばあさんになる頃までには、色々な所に住んで、その家々で沢山の思い出を増やしていく…。平凡に見えるけれど、それはキセキのように、感謝に満ちあふれているんでしょうね~♪

この絵本は、お腹の子が生まれてきてからも読んであげたいです。

早速、アカデミー賞を受賞した作品(DVD)を予約しました。楽しみですheart04

| | コメント (4)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »