« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月26日 (土)

グッド♪モーニング

『大体、その日一日の運命は、朝起きた瞬間の心持によって支配されます。その瞬間の心持と類似の波長のものが呼び寄せられて来るのであります。真理は簡単でありますが、教えられても行じなければ効果を現さないのであります。これを実行するには、二分間かからないのであります。「私は神の子、嬉しい、楽しい、幸福だ、いいことが来る、美しくなる」ただこれだけの行事で、人生が嬉しくなり、楽しくなり幸福になり、その上、美貌になったらまことに素晴らしいことであります。
朝、一日の始まる其の最初の瞬間に、どの方向へ心を振向けるかと云うことはまことに重大なことであります。朝起きた時に嬉しいような日にはきっと好いことが集って来るのであります。これは類を以て集まる法則によるのであります。』

『新版 真理』第5巻女性篇

朝起きた瞬間、「もっと寝たい…(゜▽゜)」って思ってました〜!!!
美貌にまでなっちゃうんだから、気をつけなくちゃ♪朝から良い心持で出発しようと思います( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (2)

2008年7月23日 (水)

「ささげ」ってご存じですか?

「ささげ」とか「十六まめ」とか言えば・・・ 私の中で夏の風物詩shine

大正時代から愛知県の尾張地方でつくられていた『十六ささげ』。
さやの中の豆が16個あることから『十六ささげ』と名づけられれているそうです。東京の職場で聞いても、誰も知らないと思ったら、実家の方の伝統野菜なのだそうです。どうりで!happy02

形はいんげんに似ていますが、いんげんより柔らかく、食味が良くて、どれだけでも食べられます。長さは約30センチですが、長いものでは50センチ近くにもなります。

私の実家で栽培しているのは、「華厳の滝」という品種で、暑くて食欲がないような時でもパクパク食べられて、元気100倍になるんです♪♪♪

兄の法事で実家に帰っていたので、産地直送のささげをもらってきましたheart04

Image042

こちらは、「ささげのごま和え」。ショウガもすり下ろしてかけましたclover

一緒に貰った獅子唐も、キノコと一緒にバターで炒めて美味しく頂きましたdelicious

Image043

一生懸命つくってくれた両親と、大地のめぐみに感謝して・・・

「いただきますshine

| | コメント (2)

2008年7月11日 (金)

ポ〜ニョ♪ポ〜ニョポニョ♪魚の子

海辺の小さな街。
崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、ある日クラゲに乗って家出をした、さかなの子・ポニョと出会う。頭をジャムの瓶に突っ込んで困っているところを宗介に助けてもらい、宗介の事が好きになるポニョ。宗介もポニョの事が好きになって、「僕が守ってあげるからね」とlovely

少年と少女、愛と責任、海と生命。
神経症と不安の時代に、宮崎駿がえがく、母と子の物語ですって。

早く見たいですheart01heart01heart01heart01heart01

この『崖の上のポニョ』の試写会に行った友人は、「めいちゃん(となりのトトロ)を抜いたね! 大きな感動とか号泣とかはないけど、ほのぼのとしてて、私はすごく好き♪♪♪♪♪」

なんて聞いたものですから、7月19日が待ち遠しくて仕方ないです♪

さらに、その友人によると、ポニョは私で、宗介は夫。私たち夫婦の面白い感じに似てるらしい…( ̄▽ ̄;)。

面白い夫婦って…(゜▽゜)
よく言われますけどね!

水を描くのって難しいから、その辺りもジックリみたいですlovely

後、カンフーパンダもねheart01

| | コメント (6)

2008年7月 5日 (土)

光(ひかり)…神様の元へ

私たちが結婚して間もなく、赤ちゃんを授かりましたlovely

こんなに早く授かるなんて思ってもいなかった私たちは、心から喜び、毎日をお腹の子のためを思って過ごしました。常にチャキチャキ動いていた私は動きをゆっくりに。食事では野菜や果物をたくさん取るようになり、また夫は、毎日の電車で座席の確保が日課となりました。heart04

両親やまわりの人たちも自分の事のように喜んでくださり、幸せな毎日を送っていました。いつツワリが始まるのかな? と思うほど、気持ち悪さは全くなく、3日に一度眠い日がある程度でした。sleepy

妊娠中に胎児に話しかけると良いと聞いていたので、朝起きた時には2人で「おはよう。今日もありがとう。お父さんとお母さんを守ってね」と話しかけました。happy02

6月28日。仕事中にトイレに行くと、びっくりするほどの出血がありました。驚いた私は、すぐに掛かり付けの産婦人科の先生に連絡。「すぐに来てください」と言われ、夫も一緒に病院に行ってくれました。その時は、「様子見ですね」と言われ、ホッと一安心の私たちでした。

ところが、夜になり腰のあたりに鈍い痛みがあり、寝てもいられなくなってしまいました。夫は「救急病院にいこう」と言って、タクシーを呼ぶためにタクシー会社に連絡をしてくれましたが、何社かけてもタクシーはつかまりません。さらに苦しむ私をみて、ついに救急車に連絡。意識が遠くなる中、救急車の音が近づいてきて、気が付くと救急隊の方々が部屋の中で血圧などを測ってくれていました。

病院までの救急車の車内では、夫の顔が仏様のようにあたたかく、見ているだけで苦しかった事がウソのように楽になっていきました。救急隊の方も良い方たちで、一番近くの産婦人科の良い先生のいる病院に連れて行ってくれました。

病院につくと、すぐに産婦人科の先生の元へ。すっかり落ち着いていた私は、先生と少し話をして、その後エコーで診察をしてもらいました。

結果は…  流産でしたweep 神様の元に帰っていったのです。

その時の先生の言葉を、私はすぐに理解できました。先生は、「流産は、10人に一人はあります。お母さんの生活が悪かったのではありません。赤ちゃんの方から旅立っていったのです。また、きっと授かりますよ」と言われました。

私たちは一杯泣きましたcrying

こんなに突然別れがやってくるなんて・・・

でも、今は幸せを感じています。この子がお腹にいた間、私たちは「お父さんとお母さん」でいられたから。そして、神様の元へ旅立った今も、私たちは「お父さんとお母さん」として、ずっとずっと家族ででいられるから…。

私たちの子は「光(ひかり)」と名付けました。私たちに一杯ヒカリをくれたからshineshineshine

産婦人科医の池川明先生の本によると、流産も立派なお産なのだそうです。少し前にお腹が張っていたのは陣痛で、昼間出血したのはおしるし。夜、生理痛みたいな痛みがあったのは分娩。私たちは、立ち会い分娩を体験したんだそうです。そして、光は私のお腹に宿れたこと嬉しく思っていて、私たちがより一層大きく生長できるようにと、今回のようなスピード出産の形を選んだそうです。

そして、谷口雅春先生は『人生を支配する先祖供養』の中で、

『死産又は、生まれると同時に死ぬような嬰児の霊魂が高級霊であるという理由は何故であろうか。それは、もう既にたびたび地上生活に生まれ変わって来ていて地上生活学校の全科目を卒業したが、まだ子宮内の暗黒世界に意識を有しながら十ヵ月間閉じ込められているという体験をしたことがなかったので、その体験だけを満了すれば地上生活の全科目を卒業するという訳で、子宮内の意識的生活だけを体験すると、地上生活を完全に卒業して霊界に還る訳である。』

とお説き下さっていました。

そっか~。光は自ら選んで短期間の暗黒生活を終え、神様の元へ還っていったんだ~。この地上での勉強はすべて終わったんだね。それだけ魂の高い子だったんだね~。私たちをお父さんとお母さんに選んでくれてアリガトウhappy02

そう思えるようになりました。今は、二人とも最高に幸せを感じる事ができています。そして、今まで以上に小さな事が有り難く、当たり前に生かされている事に感謝せずにはいられません。happy01

これからは、恩返しの人生です。私たちは常に多くの人に支えられています。そして、光の事では、本当にたくさんの方から励ましのコトバをいただきました。心から感謝しています。本当にありがとうございました。

光。これからは、お父さんとお母さんを護って、導いてね。私たちも、光の幸せを心から願っているからね。

| | コメント (18)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »