« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月27日 (木)

今年一年ありがとうございました

2007年も、あと数日で幕を閉じようとしています。色んな事があったな・・・ なんて感傷にひたっている今日も元気なシータです。o(*^▽^*)o~♪

今年の初めには絵本に親しむ機会をえて、あれよあれよという間に「絵手紙」の虜になって、水彩絵の具セットを購入。沢山の人に「絵手紙」をプレゼントさせて頂きました。もらって下さった方々ありがとうございます。そして、パステルとの出会い。絵を描く人たちとの出会い。そんな沢山のステキな出会いがありました。

春になって暖かくなると、今度は「絵本の神様」と出会い、自分の人生では考えられなかった創作活動が始まりました。絵本を通して沢山の方々と接する事ができ、感謝と感激で胸が一杯です。読んで下さった方々、絵本を買って下さった方々、本当にありがとうございました。この場を借りて、改めてお礼を申し上げます。m(_ _)m

その絵本が「電脳紙芝居」として、ネット上で公開された事も本当に嬉しい出来事でした。みんなで何度も何度も見ては泣いたり、笑ったりした事を思い出します。ナレーションを担当して下さった方々、編集を担当して下さった方々、素晴らしい作品に仕上げて下さって、本当にありがとうございました。

また、カメラを持って旅に出たり、絵画教室に行ったり、イタリアにハマってイタリア語を独学で学びだしたり、キャンドルナイトをしたり、皇居の勤労奉仕に行ったり・・・。とっても充実した一年でした。

その時、その時に感じた事、考えた事、反省した事、喜んだ事などを、このブログを通して表現する事ができました。そして、その度に「私は一人ではない!!!」と思わせて頂けるような、皆さまからの「あたたかいコメント」。本当にありがとうございました。

今年一年の感謝をこめて・・・。

シータ (〃⌒ー⌒〃)

Image261

| | コメント (12)

2007年12月21日 (金)

電脳紙芝居第4弾♪

みなさま~☆ 大変長らくお待たせいたしました♪ と言っても、私が作ったわけではないのですが(^^;) 私の地元の愛知に住んでいらっしゃるJ子さんの作品です。タイトルは…

『ベンリー星のベンリー星人 -ぼくたちの星を守ろう-』

今回は環境がテーマのお話です。すっごくイラストがかわいい! しかも細部まで書き込まれていて、素晴らしいんです☆(私の絵は、結構おおざっぱなもので~笑)

私は、お恥ずかしいのですが、今回もナレーションを担当させて頂きました。元来、早口なので、「ゆっくり」を心がけたのですが、完成バージョンを見て、「やっぱり、早すぎ~(||| ̄□ ̄)」でした。(お聞き苦しい所は、ご勘弁くださいませ)

ところが、皆さま誉め上手!!! 恐縮しまくりですが、「イイ感じですよ」と言われて、すっかりテンション上がってます☆\(o ̄∇ ̄o)/

この電脳紙芝居は、生長の家のホームページにUPされています。どうぞ、ご覧くださいませ~。

| | コメント (14)

2007年12月20日 (木)

100万人のキャンドルナイト2007冬至

ゆるやかにつながる「からっぽの時間」

今年の100万人のキャンドルナイトは、そんな「あたたかい雰囲気」がテーマです。

「100万人のキャンドルナイト」は、無理して電気を消したり、大声をあげて反対を叫ぶ運動ではありません。みんなが電気を消すことが、地球温暖化の防止になるということが一番大切な目的でもないのです。テレビや部屋の照明は落としても、ラジオは聴いていたいし、携帯電話で話したい、そういう普段の暮らしの事情をやめてまで、ろうそくの灯りで過ごしても、無理をすることの先にあたたかい未来があるとは思えないのです。

普段の暮らしをしながらも、過剰な電飾の明かりにまみれた日常から少しだけ、自然の光だけで「過ごしてみる」。1年のうちたった2時間、好きなろうそくの灯りをともしてみる。この時間をどういう風に過ごすのかも、みなさんのアイディア次第です。
恋人と2人きりの時間。久しぶりの友達と会ってお酒を飲みながら語る時間。音楽を聴きながら1人きりで過ごす時間。そうして1人1人が過ごす時間の先の未来にわたしたちが描いているのは、自然であたたかい平和な地球の姿です。

100万人のキャンドルナイト実行委員会、5人の呼びかけ人、パートナーの環境省は、最初のいいだしっぺにすぎません。

みなさん一人一人が主催者です。
相反する考え方の趣旨を持っていてもかまわないのです。
普段から大量の電気をつかっているから参加できない、なんてことはないのです。
そんなゆるやかな繋がりがつくる時間を私たちは「からっぽの時間」と呼んでいます。』

このブログを立ち上げたキッカケである「キャンドルナイト」を何度過ごしたことでしょうか。その一つ一つが、大切な思い出であって、私の意識を変えてくれた素晴らしい機会だったと神様に感謝しています。

バースデープレゼントでもキャンドルを頂きましたので、今年も暖かいキャンドルの火を灯して世界の平和を願おうと思っています。

2006winter759x506

☆2007年12月22日(土) 20:00~22:00

100万人のキャンドルナイト

※くれぐれもの取り扱いには、ご注意ください。

| | コメント (6)

2007年12月17日 (月)

33歳になりました♪

わたくしごとですが・・・(^^;)

本日33歳になりました。お祝いして下さった皆様、本当にありがとうございました。プレゼントを下さった方々にも心から感謝しています。ありがと~♪

Image236  Image255  Image248

Image246  Image250  Image251

Image254  Image256  Image252

Image249  Image245  Image247

Image253  Image238  Image243

Image257  Image258

そして、私を33年前に生んで、今日まで育ててくださった、お父さんお母さん☆本当にありがとうございます。私は、すっごく沢山の人に祝福されて、東京で幸せにやっています。

友人のりぃたんさんによると、33は「燦燦(さんさん)と輝く歳」だそうです。うれしいですよ~。本当に。少し前までは、歳をとるのがいやな時もあったんですけど、今は、この歳でないと経験できない事もたくさんあり、「今」が一番いいと思えます。

私は、この33歳という一年を、全ての人を拝む一年と決めました。皆さんに私のパワーを贈りますね。受け取ってくださいo(*^▽^*)o~♪ 頂いたご愛念のお返しです☆

本当に素敵な一日でした。ありがとうございました☆

| | コメント (16)

2007年12月11日 (火)

豆腐

『信仰は お豆腐のようになることです

豆腐は 煮られてもよし

焼かれてもよし 揚げられてもよし

生で冷奴で ご飯の菜によし

湯豆腐で一杯 酒のさかなによし

柔くて 老人 病人の お気に入り

子供や 若い者からも 好かれる

男によし 女によし

貧乏人によし 金持によし

平民的であって 気品もあり

上流へも好かれる

行儀よく切って 吸物となり

精進料理によし

握りつぶして味噌汁の身となり

家庭料理に向く

四時 春夏秋冬 いつでも使われ

安価であって ご馳走の一つに数えられる

貴顕や 外客の招宴にも 迎えられ

簡単なる学生の自炊生活にも 喜ばれる

女は特に 豆腐のようでなければいかぬ

徹した人は 豆腐の如く柔くて しかも形を崩さぬ

味がないようで 味があり

平凡に見えて 非凡。』

今日は、反省の一日でした。この「豆腐」の詩を読んで、豆腐のように「ただそのまま」で、「柔かく」、「人に喜ばれる」生き方をしようと決意を新にしました♪

私らしい「豆腐人生」を歩んでいきます☆

(反省の後には、いい事がありました♪)o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (12)

2007年12月 8日 (土)

新宿御苑記念日☆

今日はお休みだったので、久しぶりに新宿御苑に行ってきました。

桜の紅葉はもう終わりに近かったのですが、イチョウやモミジは今が見ごろで、風が吹くたびに紅葉が雨のように降り落ちて、とってもキレイでした。

Imgp2335 天気も良かったので、お弁当を広げて、プラタナスの並木道にあるベンチに座っていると、雲がゆっくり流れていく。ただただ、ゆっくりと。それは「全托」というコトバがピッタリなほど、流れに身をまかせた雲。私も、まったく同じ気持ちでした。

以前、ハイエコポンさんが開発された「おまかせ~」のコトバを使わせていただきました♪(^▽^)

午後からは太陽さんが雲隠れして、少し肌寒い天気でしたが、土曜日の新宿御苑は沢山の人でにぎわっていました。

とても良い休日。心に残る日となりました♪

本当に神様に感謝しています。ありがとうございます☆

| | コメント (10)

2007年12月 4日 (火)

幸福の種

今日、大好きな人に贈った真理のコトバ♪

『君は絶えず暗黒を撒いて歩く不快な人間を見たことはないか、君は眉をひそめた悲しい表情の人々に接したことはないか、君は表情が、どんなに伝染力の強いものかを経験したことはないか。
悲しい表情をした人間は悲しみを撒いて歩く、不快な表情をした人間は不快を撒いて歩く、それは黴菌を撒いて歩くよりも尚大きな罪悪である。
また君は絶えず光明を撒いて歩く愉快な人間を見たことはないか。君は絶えずその唇に幸福な微笑をただよわし、逢う人毎に幸福をうつして歩く人間を見たことはないか。君は表情がどんなに伝染力の強いものかを経験したことはないか。
君は与えるものがないことを歎いてはならない。君は与えるものがなくとも幸福な表情は与えることができるのだ。子供の顔を見るとき、良人の顔を見るとき、妻の顔を見るとき、兄弟の顔を見るとき、姉妹の顔を見るとき、八百屋に挨拶するとき、風呂屋で知った人に遭うとき、君が幸福な表情さえすれば君は幸福を与えて歩く。
幸福な表情をした人間は幸福を撒いて歩く、愉快な表情をした人間は愉快を撒いて歩く、それは物を与えるよりも一層好い贈物であるのだ!』

私は幸福を撒いて歩きます。愉快を撒いて歩きます。

すべての人の幸せのために・・・☆

| | コメント (14)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »