« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

5番街の女♪

昨日は、夏のように暑くなってヨロヨロ歩いていたのに、本日は一気に冬になったように東京は寒いです。(||| ̄□ ̄)

何も考えずに薄着で家を出た私は、もう少しで「鼻ミズ子」になりそうだったので、ダッシュで上着をGETしました。

Image106

「あったかいです~♪」。嬉しくなって、ついつい浮かれてる今日も元気なシータでした。

みなさんもお身体をご自愛くださいね~☆心をこめてお祈りしています♪

| | コメント (8)

2007年9月22日 (土)

ジブリの絵職人展☆

「となりのトトロ」や「千と千尋の神隠し」、「ハウルの動く城」などの背景画を多く手がけたジブリの絵職人「男鹿和雄展」に行ってきました。

男鹿和雄さんは、1952年の秋田県生まれ。木立の一本一本におよぶまで入念に観察して、緻密で卓越した技術。自然の豊かな表情をとらえていて、ただただ感動する作品を生み出しているのです。

私は友人のKちゃんと2人で観にいったのですが、「すっごーい」「細かーい」「きれーい」を連発。足の痛いのもわすれて、3時間ほどゆっくり観てまわりましたo(*^▽^*)o~♪

一枚の絵を下絵から完成まで細かく説明してあるパネルでは、少しずつ出来上がっていく山の上の景色がありました。最初のデッサンから、どうしたらこんな絵が!!! 「どれくらいの時間がかかってるんだろう??」と思ってみると、なんと一枚で11時間!!!! すっごいです!本当に。(* ̄∇ ̄*)

と思ってしまいます。男鹿さんの作品は「本物よりもリアルな質感」。木や土、トタン板や雲などなど。1,100円の入場料は、とってもお得でした。

男鹿さんの背景画は緑が多く、「絶対、緑色がどんどん減ってるよね」と、変なところで感心しちゃいました。でも、よくみると、「緑」と言っても色々な色があって、勉強になりました。触発されました。もっと絵を勉強したくなりました!!!

そして、もう一つ思ったことが!

それは・・・

「こんな美しい森や田園風景を失くしてはいけない」ってことです。

原宿の竹下通りの一本裏に入ったところに、桜の大きな木が一本あって、毎年キレイな桜の花を咲かせていました。しかも、風が吹くと桜吹雪が舞い散って。癒しのスポットなのです。

ところが、その桜の巨木が、つい先日切り倒されてしまいました。その土地を有効利用する為かもしれないですが、とっても悲しい気持ちになりました。その土地は、私の土地ではありません。だから何も言う権利はありませんが・・・。

そんな事が、つい最近あったばかりなので、余計に男鹿さんの作品が心に残りました。

作品展の展示の先には、「トトロの折り紙」作りのブースがありました。中々難しくて、悪戦苦闘( ̄只 ̄)  撮影OKな男鹿さんの風景画の前で、トトロと一緒にパチリ。

Image103

すっかりジブリの世界に魅せられた2人。鼻歌はもちろん、「ものの~け~たち~だけ~♪」\(o ̄∇ ̄o)/

みなさんの好きなジブリ作品は何ですか?? 私は『ラピュタ』と『ナウシカ』が特に好きです。でも『魔女たく』もいいし、『千と千尋』も・・・。「ハク~!!!」

「男鹿和雄展」は、後一週間ほどやっています。お近くの方は是非、足をお運びください♪

【ジブリの絵職人・男鹿和雄展】
開催期間:2007年7月21日~10月1日
開催場所:東京都現代美術館
        〒135-0022
        東京都江東区三好4-1-1
        03-5245-4111
男鹿和雄展のHPはこちら

| | コメント (20)

2007年9月19日 (水)

ブーツの国に・・・

行ってみたいです♪

それは、もちろん「イターリア」 ( ̄m ̄*)V

海外旅行に、とんと興味がなく、「日本の良さもわかっとらんのに、海外なんて行かれんばい!!!」なんて、思いがどっかにあってか、パスポートも持ってない小心者です( ̄只 ̄) はい。

友人からは、「韓国とかなら近いんだから、行こうよ~」と言われて、何年経ったでしょうか。ごめんね、Kちゃん♪

それが、どうしてイタリアに行きたくなったかと言うと・・・。

「本場のマルゲリータが食べたいから」

なんだと~!!!! そんな理由かい!!! と、もう一人の自分が、突っ込みをいれてますが・・・。まぁ、最初の理由は本当にそれだったんだから仕方がない。

15年以上前になると思うんですが、女優の大塚寧々さんが、イタリアの旅を毎日少しずつ紹介する番組があって、何の気なしに良くみてました。芸術であふれる町並みに心を奪われながらも、どこか遠い国の話。ぐらいにしか思わなかった私。

ところが、ある日、「ナポリで最高のピッツァを♪」というタイトルだったかは定かじゃないですが・・・(^^;) とにかくピッツァに欠かせない最高の3つのものを探し始めたのです。

一つ目は「最高のトマト」。イタリアはトマトを使った料理が多いだけに、トマトの種類も豊富。その中で、ピッツァに合う最高の物をさがすのです。

2つ目は「最高のモッツァレッラチーズ」。モッツァレッラチーズは、水牛の乳をしぼって作るチーズで、歯ごたえがあります。でも、ピッツァに乗せるとトローリといい感じにトロけて、私のハートまでトロトロになります(^ー+^)

3つ目は「最高のピッツァ職人」。たしか、世界チャンピオンか何かに輝いた人を訪ねて、手に入れた「最高のトマト」と「最高のチーズ」で「最高のピッツァ」を作ってもらっていました。これが、ヨダレたれまくりに美味しそうで!!!(≧∇≦) ピッツァ好きには、たまりません! こうなれば、もうピザなんて言いいません!!! ピッツァ!マルゲリータ!ボーノ♪♪♪ ( ^_^)/▼☆▼\(^_^ )チン♪

イタリアというより、ピッツァでヒートアップしてしまいましたが、そんな15年前の記憶がよみがえってくるほど、私の心をイタリアへ連れていったのが、こちら!

51nq5oppsal_ss500_

『旅ボン』 イタリア編

作:ボンボヤージュ

発行:ゴマブックス

この本の作者は、私の大好きなイラストレーターであるボンボヤージュさん(以下ボンさん)。ボンさんは、1973年の倉敷生まれで、主に頭の大きい動物キャラのイラストを描いています。著書に『ちびギャラ』シリーズがあり、『BONte』にも連載中です。(ボンさんのHPはこちら

意味もなくつけたペンネームの「ボンボヤージュ」は、フランス語で「よい旅を」という意味らしいのですが、本人は全く旅に興味がなく、どっちかと言うと、部屋のすみでじーっとしてるのが好きみたいです(^^;)

今回はイタリア旅行記を書くために、強制的に連れて行かれたらしく、ネガティブ感が随所にちらばっていて・・・。それは、それで見てる方は面白いんですけどね~♪

ローマやフィレンツェ、ヴェネツィアなどなど、イタリアの名所をオールカラーで漫画風のコマ割で描いています。

「まえがき」には、こんなメッセージが!

『初めての海外旅行をマンガにしました。読んでも旅の役には立ちませんし、イタリア通にもなれませんが、カツオブシのように身を削って描きました。楽しんでいただけますように』

旅の様子も面白いのですが、絵がまたカワイイのです。癒されたい方にお勧めです♪

この『旅ボン』を手に、いつかイタリアを訪れてみたいと思っています☆

| | コメント (11)

2007年9月16日 (日)

カーボンオフセット年賀状

地球環境問題の関心が高まり、身近な所にも影響が出はじめています。それが、動物や昆虫の「メス化」。

私の職場のMさん宅では、鈴虫を卵からかえして育てていたそうなんですが、なんと殆どが「メス」!!! 鈴虫の音色は、「オス」の羽音ですから、鳴き声もか細く、元気がないのかと心配したそうです。

先日テレビで見た「ウミガメの産卵」でも、温暖化の影響でメス化していると話していました。どうやら、卵が暖まる温度が適度だとオスとメスの両方が生まれるらしいのですが、温度が高いとメスばかりになってしまい、やがて、その種は絶滅へ…。

2008年から京都議定書に定められた第一約束期間がスタートし、日本は「Co2マイナス6%」を実現しなければなりません。

そこで、「カーボンオフセット」という考え方がヨーロッパをを中心に広がっているようです。

「カーボンオフセット」の意味は、「カーボン(Carbon)=二酸化炭素」と「オフセット(offset)=うち消す」というもの。

Co2排出量は、一人一人の省エネ行動で減らす事ができます。しかしゼロにする事はできません。そこで視点を変えて、クリーンエネルギー事業や植林活動、森林保護などによって、排出されたCo2をうち消し、削減しようとする考え方がうまれたのです。それが「カーボンオフセット」♪

そこで、今回皆さんにご紹介したいのが、こちら!!!

Design_3   Logo_carbon_3

「カーボンオフセット年賀」~(ドラえもん風)

カーボンオフセット年賀は、定価55円(うち寄付金5円)で販売され、寄付金は全て「クリーン開発メカニズム」を活用して、Co2削減の為に使われます。このマークは、地球とその地球環境をとりまく温室効果ガス、更にクリーンエネルギーによるオフセットを同時に表現したもの。

すでに予約受付は開始され、11月1日から全国での販売が始まるそうです。

「試算」では、2007年8月中旬時点で、CO2排出権は1トンあたり3,200円前後で取引されていますので、仮にカーボンオフセット年賀が1億枚売れたとすると、約15万6千トンのCO2がオフセットできることになります。これは日本のCO2削減目標“マイナス6%”の約0.2ポイント分に相当する計算になります。

メールなどが普及し、手書きの文章を書くことが少なくなってきましたが、手書きのメッセージとともに、Co2削減のための寄付活動をしてみるのはいかがでしょうか☆

カーボンオフセット年賀についてはこちら

| | コメント (10)

2007年9月14日 (金)

ビデオが・・・

壊れたみたいです(; ̄□ ̄)

Image091_3

私のビデオデッキは、ハードディスクとビデオテープの一体型で、5、6年前に購入。思い出の映画やテレビ番組を録画してくれた、私の大切な相棒です。

まだ、ハードディスクに録画できるレコーダーが出たばかりだったので、録画できる時間は40時間。なので、「これはビデオ」、「これは、すぐ見たいからハード」とかって、自分の中でわけてたっけ。

しかも、「イケメンパラダイス」の最終回がせまっているのに~!!!!!!

急いで何とかしなくては☆

| | コメント (6)

2007年9月11日 (火)

ブログ開設1周年♪

みなさま~!!!!!!!!!!

本日(9/11)、この「エコな私のキャンドルナイト」を立ち上げて、1年が経ちました♪♪♪o(*^▽^*)o~♪

飽きっぽい性格で、日記も続かず、月記(一ヶ月の中で一度以上日記を書くこと・シータの造語)でなんとか頑張ったという私。

それが、こうして1年間なんとか続けて来られたのは、ブログを読んでくださる皆さん、コメントをくださる皆さん、応援してくださるみなさんのおかげです!!!!(^∧^)

Image090 本当にありがとうございます☆☆☆

今、こうして続いたブログを読み返してみると、自分がどんなものに興味をもち、チャレンジしてきたかが分かります。今までの人生にはなかった、「キャンドルナイト」や「エコ生活」、「イラスト」、「絵本の製作」。他にも、ステキな人や物との出会いがありました。

「同席対面五百生」というコトバがあります。仏教のコトバで、「今世で席を同じくしている人との出会いは、500回前の前世から決められていたこと」とか、「五百回生まれ変わって、やっと実現できた、かけがえのない瞬間」などと、色々解釈されています。それほど、巡り会えた事は素晴らしく、本当にかけがえのない事なのですね。

本当に感謝の気持ちで一杯です。

これからも、もっともっと自分を磨いて、このネット社会に明るい風をまきおこしていきたいと思っています☆

ご指導よろしくおねがいしま~す。

Image089

| | コメント (22)

2007年9月 6日 (木)

絵封筒大会☆

いよいよ台風9号が関東にも近づいてきました。

今日は、大雨、暴風だというのに、まだ大丈夫かな~と思って出かけてきました。案の定・・・ ズボンの裾が、水もしたたるイイ女に!!! なんて・・・ ( ̄只 ̄) 

どこへ出かけたかと言うと、tuiteruさんのお部屋です。

本日のメインイベント!!「第1回絵封筒大会」♪ パチパチパチパチ~ (o⌒∇⌒o)

参加したのは、れんげさん、tuiteruさん、りんちゃんと私の4人です。しかも、秘密を共有する4人組みです(〃∇〃) 

Image088_2

絵封筒(efuto)とは、主として封筒の表に絵やイラストを描いたもので、切手や宛名をどのように取り入れるかがポイントとなる“遊び心”を取り入れた封筒のこと。

みんな、最初は中々イメージがわかなくて、「う~ん」っとうなっていましたが、徐々にイメージが膨らんで、気づいたら、無言で黙々と♪

083

「ガオ~、ガオ~」。街に怪獣が!!!! みんな逃げていきます。わ~、ついに東京タワーが狙われてる~。もう火の海だ~!!!。 あ!空にお助けマンが!!!  「待ってろ!今いくぞ~!」(怪獣の目には、立体的なシールを使っています)

084

百人一首の会場です。読み手は新人のウサ子さん♪ ちゃんと読めるかな?? 「そ、それではいきますよ~。春過ぎて~夏来にけらし・・・」「はい!」「シータさんの勝ち~♪」

081

旅行へ行きたいな~。どこがいいかな~。あ!『伊勢・志摩ガイドブック』。今回は夫婦岩を見にいこっと♪

080

戦国武将です。後ろの切手は「名古屋城」。

今日は、上の2つを描きました。みんなと一緒だったので、とっても楽しく描くことができました。みんな、アリガトね~o(*^▽^*)o~♪

※絵封筒は、アトリエTKでも沢山紹介されています。

| | コメント (12)

2007年9月 4日 (火)

はるかな尾瀬~♪

遠い空~♪♪♪ 

暑かった夏も今となっては良い思い出ですね。

と思っていたら、この歌の歌詞に出てくる「尾瀬」が、8月30日に日本では29番目の国立公園に指定されたそうです。区域面積は37,200ha。福島県、新潟県、群馬県にまたがる尾瀬は、日本を代表する高知の湿原として有名ですが、今までは「日光国立公園」の一部だったみたいです。

尾瀬は、湿原の中に木道が敷かれていて、その木道の上を歩きます。

082  082_001

歌に出てくる「ミズバショウ」の花が見たくて、何年か前に友人と尾瀬へ。時期がずれていて、ミズバショウは見られなかったのですが、睡蓮が木道の間から顔をのぞかせていました。

入り口のマットで靴の底をよくふきとってから入るように言われた事を思い出します。尾瀬の生態系が崩れないように、靴についた微生物をカット! 微生物だけではなく、ゴミの侵入もカットする「ゴミ持ち帰り運動の発祥の地」でもあるとか。だから、あんなにキレイだったんだ~、っと納得してしまいました。

ひたすら続く木道に、都会のもやしっ子は、すっかり根をあげながら歩いていましたが、すれ違う人たちに「こんにちわ~♪」と声をかけると、みんな笑顔で応えてくれて☆ それと、ずーーーーと歩いた後の「おにぎり」が、とっても美味しかったな~。\(o ̄∇ ̄o)/

082_003  082_002

高山植物や小さな虫たち、そして尾瀬を愛する沢山の人たちとの出会いも、一期一会。久しぶりに写真を見ながらあの日の夏を思い出しています☆

| | コメント (2)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »