« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

いのちの輝き

友人が女の子を出産しました♪ オメデトーヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ

新たな「いのち」が、みんなに祝福されてこの世に誕生してきた・・・。すごい事だな~。お母さんのおなかで約10ヶ月も過ごして・・・。でも、いのちは突然できたものじゃなくて、永遠につづいている。そして、いろんな経験をして、表現をして、どんどん生長していく・・・。すばらしすぎます!!!

Image019_2

丁度、描いていたお月様のイラストが、うまれてきた「赤ちゃん」に似ていました♪

| | コメント (12)

2007年7月26日 (木)

描くことは見ること

先日紹介した、2007イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に行ってきました。

Image014_2   Image015

入口から絵本のあったかい雰囲気が伝わってきて、なんだか心もおどります。平日ということもあってか、館内は訪れる人も少なく、ゆっくり、じっくり世界中の絵本作家の原画を鑑賞☆ 暗~い作品もありましたが、そこはやっぱり絵本の世界! 明るい色使いやストーリー展開に思わずニンマリしてしまいます。

その中で、「オムライス男爵」という作品が一押しです。オムライスの中に男爵が住んでいるんですけど、かなりダンディーで!! 「そうきたか~!!」っという感じなんです♪ 絵本が出たら手元におきたい作品です。o(*^▽^*)o~♪

同じような動物や人物を描いていても、まったく違う作風になる。絵本作家の方々の幼子のような表現の豊かさを感じました。と同時に、私達人間は無限に想像(創造)する事ができる、無限に表現する事ができる事に改めて感動!!!  \(o ̄∇ ̄o)/

私も表現したい!!!!! と思い、その足で「世界堂」へ。

Image016 最近はパステルだけで描いていましたが、原画展の作品をみて「色鉛筆」も使ってみたくなり、「FABER-CASTELL」の色鉛筆を買いました。この色鉛筆は「水彩色鉛筆」なので、塗ったあと水をつけると水彩画にすることも出来ます。また芯が折れにくいので、とっても使いやすいのが特徴です。

Image017 さっそくスケッチしてみました。実物を見たのではなく、色鉛筆の作品を模写したものです。描くことは見ることですね~。対象物をじっくり観察して、手を動かす。その為には、心が浄らかである方が、よりハッキリ見えるのだと思いました。

パステルでは「ぼかし」の魅力にハマリましたが、色鉛筆は陰影がつけやすいので、これまた魅力的です。まだまだ、構図のとり方や、光のあたり具合が実物を見ただけでは描けない私ですが、まずは模写からはじめてみようと思います。

描いてみたのは、トマトにそら豆にピーマン、オリーブオイル。あ~今夜はイタリアンが食べたい!!!(^ー+^)

| | コメント (6)

2007年7月23日 (月)

兄とともに育った家で

みなさま、ご無沙汰しています♪

昨日、兄の一周忌を無事におえる事ができました。皆様の真心に心より感謝いたします。

Image013 兄の一生を描いた絵本『ミチ君のあるく道』を作ろうと思ったキッカケである、兄のアルバムの整理をしました。兄の写っている写真を集めて、兄の一生の写真集を作ろうと思ったのですが、実家にすぐに帰れない私は、絵本という方法で、兄の一生を綴ることになりました。それが電脳紙芝居という形になり、両親も本当に喜んでくれていました。

Image005 絵本が汚れないように、父が袋詰めをお手伝い。黙々と作業する父の姿に、なんだかホロリ(;_;)  親とは、なんと有難いんでしょうと改めて思った出来事でした。

これからは、私にできる親孝行をどんどんしていきたいと思います☆

今日は兄の命日です♪

お仕事でお休みを下さった皆様、本当にありがとうございました♪   

| | コメント (8)

2007年7月16日 (月)

モコモコです♪

第3弾の絵本に登場する「モコモコ」のイメージ画です。

Image068   Image067

最初はヒツジをイメージしてたんですが、段々モコモコ具合が広がって、今では「泡の妖精」か「毛玉の赤ちゃん」みたいな感じです。

久しぶりにパステルを使いました。やっぱり魅力的な画材ですね~♪ 楽しいです。

| | コメント (17)

2007年7月15日 (日)

国際絵本原画展☆

2007イタリア・ボローニャ国際絵本原画展が昨日(7/14)から始まりました。ボローニャ展は、世界最大の規模を誇る絵本原画コンクールとして知られているそうです。

くわしくは→こちら

ちろっと、HPをのぞいたのですが、イラストが最高です♪ カワイイのから、ぷぷぷ~って笑っちゃうのとか☆ 近い内に行ってみようと思っています。

最近、イラストを描く心の余裕がなかったのですが、久しぶりに描きたい自分がテクテクと歩き出しました。気分が乗らない時は、パッタリやめてみるのもいいもんですね\(o ̄∇ ̄o)/ パステルが私を呼んでる~!!!!!

************************

2007年7月14日(土)~8月19日(日)
午前9:30から午後5:00(入館は午後4:30まで)
一般600円  高・大生400円  小・中学生150円 など
板橋区立美術館

| | コメント (6)

2007年7月11日 (水)

紙芝居第2弾♪

みなさま~o(*^▽^*)o~♪ お待たせ致しました!! ついに「電脳紙芝居」第2弾・『にじ色コーヒーカップ』が完成いたしました。拍手~ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ

それでは、今回の声優陣をご紹介します☆

- CAST -

Image063 ☆ナレーション・・・シータ(私)

元来、早口なので、なるべく「ゆっくり」を心がけて読みました。何を隠そう「原作者」なので、練習せずにぶっつけ本番でこなしました(-_☆)ふふふ。

Image049 ☆カフェル・・・CANDYさん

最初から「主役」を希望していたCANDYさん。カフェルは主役なので、セリフが多いのかと思っていたら、繰り返し同じセリフなので、結構短め・・・(^▽^;) 緊張はしていましたが、「はまりそう!」と一言。やはり度胸があります☆

Image050 ☆マダム・・・MIKIさん

私の描いたマダムのイメージにピッタリ。実際にもお子さんのいらっしゃる素敵なお母さんです。最後の方のマダムのセリフは、聞いていると、「はい!頑張ります!」と言いたくなります。何度も練習してくれて、とっても嬉しかったです♪

Image064 ☆大きな木・・・木綿豆腐さん

かわいい顔なのに、低めの「声色」を使ってくれて、最高でした♪ 木綿豆腐さんの声は、大地を包み込んでいる感じで、荘厳な気持ちになります。やっぱり、人柄が声にも顕れるんですね~。

Image051 ☆流れ星・・・もじゃえもん

アフレコ募集の時から「流れ星」を希望していて、ずっと「わ~嬉しい、自由だ~」のセリフを言ってくれていました。セリフの通り、あなたは自由で、かわいい人です☆実はキャンドル達のセリフの一部も言ってくれています。(私も♪)

Image052 ☆キャンドル(達)・・・tuiteruさん

「しあわせだ~」のセリフは最高です。急にテンションあがってます。それが、ザ・tuiteruさんなんですけどね~♪ 収録当日、風邪気味なのか声の調子がよくないと言っていましたが、中々いい感じに仕上がっていますよ☆

Image053 ☆魚・・・BIGアイランドさん

今回の作品で唯一の男性の声優さんです。なんと言っても「声」がイイ!!! 「低音の魅力」です♪ 皆さんも是非、聞き惚れてください。セリフにも「お父さんの」感情が入っていて、イメージにピッタリでした。

声優として参加して下さった皆様、本当にありがとうございまいした。アフレコ収録は最高に楽しく、面白く、感動の時間となりました。そして、皆さんの個性が光る作品に仕上がりました。心から感謝いたします。

また、ネット出版課の皆様には、2冊の絵本を電脳紙芝居として、生まれ変わらせて下さって本当にありがとうございました。色々と注文をつけてしまったのに、快く引き受けて下さって、ただただ感謝の一言です。ネットのパワーを改めて感じる事ができました。ありがとうございました。

この紙芝居は、生長の家のHP「電脳紙芝居の部屋」にUPされています。どうぞ、ご覧ください。

| | コメント (8)

2007年7月10日 (火)

妻に言われて嬉しい一言

私たちは、一人では生きていけない。社会に出ている人は、特に毎日誰かに出会ってコトバを交わして生きています。コトバは、発生音だけでなく、想いや表情も含まれているので、言わなくても伝わる事もある。でもやっぱり、声に出して表現する事で、気持ちは伝わっていくのでしょうね~♪

私の職場では、毎週月曜日に全体朝礼が行われているのですが、その時T部長は、ご挨拶の中で、こんな新聞記事を紹介されました。

2007年7月7日の『日本経済新聞』~NIKKEIプラス1~より

『四月のこのコーナーで「夫に言われて傷ついた一言」(1位は「君も太ったね」)を掲載したところ、妻の言葉への夫の不満も取り上げてほしいという声を多数もらった。そこで、今回は「妻に言われてムッとした一言」を調べた。』

ランキングはこちら☆

第15位「あなたの実家には行きたくない」106
第14位「家では寝てばかり(飲んでばかり、PCばかり)ね」110
第13位「なんて格好してるの」(服のセンスへの批判)119
第11位「同じことばかり言わないで」126
第11位「家計が苦しいのによく○○できるわね」126
第10位「主婦は休みなしなのに」129
第9位「あなたの親(親族)は○○ね」148
第8位「どうせあなたにはわからない」157
第7位「あなたの○○はくさいわ」159
第6位「同じことを何度も聞かないで」160
第5位「私だって忙しいの」179
第4位「何回言っても同じ間違いをするのね」192

なんだか笑ってしまう言葉もありますが、やっぱり言われたらムッときたり、傷ついたりしてしまいますよね。

それでは、ランキングに戻りましょう♪
第3位「おなかが出てきたわね」203
第2位「あなたはいつもそうなんだから」220

そして、第1位は・・・・・・・・・・・。 ( ̄只 ̄)
「うちにはお金がない(生活費がたりない)」

でした。
日本家族心理学会常任理事の亀口憲治さんは、この結果を見て、「夫からすると、(第1位の)この言葉はお金の問題ではなく、『私はハッピーじゃない』と妻に何か不満を言われているように響き、傷ついてしまう」と評されていました。
やはりコトバはとても大切ですね。

同時に「妻に言われてうれしかった一言」も掲載されていました。

第10位「(子どもに何か聞かれて)お父さんなら○○できるから」
第9位「○○できるのは、あなたのおかげ」
第8位「(料理を作ってあげた時)おいしい」
第7位「あなたと結婚して良かった」
第6位「(子どもに)お父さんは頑張ってる」
第5位「早く帰ってきてね」
第4位「さすが!」

一緒にいて嬉しいという気持ちが伝わってきます。
それでは、ベスト3を発表します♪

第3位「いってらっしゃい」
第2位「いつもご苦労様」「お疲れ様」

そして、堂々の第1位は・・・・・・・・・・・♪♪♪
「ありがとう」(〃∇〃)
でした。

普段何気なく使っているようなコトバでも、やっぱり嬉しいんですね。という事は、何気なく使うコトバが、とても大切だと言うことです。ずっと一緒にいる夫婦や家族ならなおさら、相手が喜ぶコトバを使いたいですね。すると、友人や職場の方々にも、自然にステキなコトバがどんどん使えるようになりますもんね。

今日も沢山の人に「ありがとう」o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (6)

2007年7月 8日 (日)

ぱんだ珈琲店

1638123_74 なんですか!!!!!! この可愛さ♪ 肉球までプリティーです。言うまでもないのですが、お店の方がパンダ好き☆(でも、ご主人はカエル好きみたい)

たまたま見ていた情報番組で、紹介されていました。名前の通り、店内のいたるところにパンダの姿が発見できるとか!! あ~行ってみたいです♪

20070704_360515_2   20070704_360511_2    

左は、パンダのラテアートされた「カフェラテ」です。右は、その名も「ぱんだオムライス」。パンダに見えるかは・・・\(o ̄∇ ̄o)/

場所はJR阿佐ヶ谷駅から5分ほどの所にあるそうです。パンダ好きのイタチョコさんなんて、メロメロメロンパンナちゃんになっちゃうかも知れないですよ♪

もじゃえもんさん♪詳しく教えてくれて、ありがとね~☆

ぱんだ珈琲店の公式ブログはこちら

| | コメント (8)

2007年7月 4日 (水)

100個の夢☆

部屋の片付けをしていた時、一冊のノートが見つかりました。

Image054 それは、表紙にお花の写真が貼られた手づくりの「讃嘆ノート」。讃嘆ノートとは、字のごとく、感謝すること、褒めること、嬉しいこと、幸せだと感じることのみを書くノートです。良いコトバを書く事で、心が変わり、環境までも心の通り現れてくる、素敵なノートなのです♪

私は、そのノートに「100個の夢」を書きました。

本当に遠い、遠い未来の事や、努力しなくては叶わないような夢、心の成長を描いた夢など、多岐に渡っていました。少し紹介すると・・・

・オーガニックな食材でカフェを開く。
・一人の時間を淋しがらずに楽しむ事ができる。
・イラストなどカワイイのが描ける。
・富士山に登る
・モヤモヤ、イライラなどの不快感は、すぐにぶっとばせる。
・ホームページかブログを開設する。
・想像力が豊かだから、何でもつくりだせる。
・エコにどっぷりつかった生活。
・買った食材は死なせない。

などなど。100個もあるので、全ては紹介できませんが、思いつくままに書いたので、順序も内容もバラバラ。でも当時、自分が目指していた事が思い返せて、すごく良かったです。

その中でいくつか叶った夢もありました。

実際に今、ブログを開設していますし、イラストを今年の2月頃から描き始めました。また、想像力をふくらませ「絵本」なども作れました。\(o ̄∇ ̄o)/

夢は叶うんですね。しかも、漠然と思っているより、文字におこした方が心にも刻まれ、より叶うのではないかと思います。

皆さんも「100個の夢」を書いてみてください。20個ぐらいまではスラスラいけますが、その後は自分と自分との戦い(?)です。

皆さまの夢が叶いますように・・・。

| | コメント (6)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »