« DADA CAFE | トップページ | 食育講座2☆ »

2007年2月16日 (金)

食育講座1☆

三帰天海さんの精進弁当を食べてから、「食」に関心をもった私。でも、季節のもの、その土地のものを食べるのが身体に良いというくらいの知識しかなかったので、ちゃんと「食」について学ぼうと思い、「食育講座」に行ってきました。_φ(□□ヘ)

場所は、今話題の「ストップおんだん館」。
春のスペシャルプログラム「服部流!食育ことはじめ ~未来をつくる基本食~」 と題したイベントの講師をつとめたのは、服部津貴子先生。服部流割烹の17代家元で、服部栄養料理研究会の会長。あの服部幸應先生の妹さんなのです。

平成17年6月10日に「食育基本法」が成立。
辞書を引くと、「食育」とは、『様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることである。』とありました。

服部先生は、まず、なぜ「食」に関する法律が出来たかを説明して下さいました。
その理由は色々ありますが、まず、
「食」を大切にする心の欠如。
つまり、現代人は「食物」に対して感謝の心がなくなってきているというのです。私も小さい頃、親から「お米には神様が宿っているから、残さず食べなさい!」と教えられました。しかし、感謝の気持ちがなくなってくると、平気で食事を残すようになる。そして、日本(特に都会)の場合、残飯(食品ロス)は可燃ゴミとして捨てられる。しかも、残飯は水分を多く含んでいるから、ゴミを燃やすために、大量のエネルギー(石油)が使われ、大量のダイオキシンまで発生させてしまう。何気なく食べている「食事」が、環境破壊につながっているのです。Σ( ̄ロ ̄lll)

他の理由としては、生活習慣病の増加や過剰なダイエット、「食」の安全性の問題、BSEや鳥インフルエンザなど・・・ 「食」が大きな問題になっているのです。

019_001 服部先生は、『Q&A 季節の食育』の中で、
『食育というと、食べものの栄養のことを勉強するだけだと思っている人が多いかもしれませんが、食育の内容はもっと幅が広いのです。
 栄養や調理法のことだけではなく、食べものへの感謝のきもち、食事のマナー、家族のつながり、こころとからだの健康のこと、さらには地球の環境のこともかんがえるのが、食育なのです。』
と仰っていました。

017さらに、「食」という漢字を分解すると、「人」と「良」になる。食育とは、「人を良く育てる」ことだとも! 漢字って奥が深いな~。目からウロコです。\(@O@)/

有名な、ある主婦の方の新聞の投書。
「私の子供はきちんと給食費を払っているのに、なぜ〈いただきます〉を強制させられるの?」
ビックリしますよね。やっぱり食育は大切だわ!!!!

019 服部先生の『「おいしい」食育講座』には、「いただきます」と「ごちそうさま」の語源が説明されていました。
『食事を始めるときにいう「いただきます」のあいさつは、誰に向かっていっていると思いますか? おそらく、料理をつくった人へのあいさつだと思っている人が多いのではないでしょうか。もちろん、間違っていないでしょうが、「いただきます」のいわれはいくつかあるようです。
 ひとつは、「いただき」つまり「頭の上」のことを意味するといわれています。古来からお祭りなどで神社に供えた食べものを、みんなで分けて食べる前に、頭の上にいただいて(差し上げて)食べたのが、始まりです。他には、仏教の教えによる「命あるものをいただく」ということに語源があるともいわれています。
 「ごちそうさま」のほうは「御馳走様」と書くことから、料理の支度のために走り回った人へ感謝をあらわす・・・・・・というのが一般的な説です。
 英語には、「いただきます」と「ごちそうさま」にあたるあいさつはありません。「いただきます」は、韓国にも中国にもないようです。
 わたしは、日本独特ともいえるこのあいさつを、とてもステキだと思います。なぜなら、生活にメリハリをつけてくれるからです』

感謝の気持ちなどのプラス思考を持つと、「幸せホルモン」が出て、善玉菌も増えるから、身体にとってもイイと言われました。
感謝の気持ちと、ムダな買い物、作りすぎをなくして、地球にも身体にもやさしい「食生活」を心がけます♪

(つづく)

|

« DADA CAFE | トップページ | 食育講座2☆ »

エコ」カテゴリの記事

学ぶ」カテゴリの記事

絵手紙・イラスト」カテゴリの記事

コメント

れんげ様~☆
本当に勉強になりました。隣でペンを走らせるあなたに必死でくらいついていきながら、私もペンを走らせました♪ ともに「良い食事」を心がけましょう☆
パート2では、おまちかねの「きのこさん達」が顔を出します。お楽しみにね(*^▽^*)
干しシータより♪

投稿: シータ | 2007年2月17日 (土) 15時10分

今回もまっこと勉強になりました~!!!
こんなに深いとは~ 食は人を良くする!
再び反省ですー。
良い食事をしていこうとあらためて思いました!
夢民のきのこカレーは最高ですけどね!!!
きのこオンパレード、楽しみにしています☆

投稿: れんげ | 2007年2月17日 (土) 13時27分

まつこ様☆
「幸せホルモン」ってコトバが、本当にいいですよね~。('ー ' *)  私は、高校を卒業して実家を離れ、10年以上も一人で生活をしています。なので、たまに帰って食べる「母の手料理」が嬉しくて仕方ありません。と同時に、食事や生活も好き勝手に生きてきてしまい、とっても反省です。
「先人のメッセージ」を自分でもしっかり受け止め、伝えていかなくては!と心から思いました。
「DADA CAFE」は、まつこさんの仰るとおり、都会の人が求めている場所です。日本人は、日本家屋や土間や縁側や盆栽が、心の安らぎなんでしょうね~。
穏やかな心の時間をもっと増やそうと思います♪

投稿: シータ | 2007年2月17日 (土) 13時16分

tuiteruさま☆
『おいしい食育講座』、読み終わったらレンタルしますね♪ まずは私たちから勉強しましょ(≧∇≦)/
感謝の気持ちは「食」だけではなく、すべてに必要ですよね~。tuiteruさんは、いつも「笑顔」と「感謝の気持ち」を忘れていない、とってもステキな人です。
いつもアリガト~♪

投稿: シータ | 2007年2月17日 (土) 13時09分

シータ様★
「幸せホルモン」ですか、いい表現ですね❤
毎日の生活に中に先人のメッセージがあるんですね。一所懸命に生きなくてはと思いました。
 私は大阪で育って今は田舎暮らしです。どちらも体験させていただきそれぞれの良さもわかります。先日のお店は都会の方にとって、安らぎの時間を過ごせる大切な場所でしょうね。田舎に住んでいても忙しくしていると心が定まらず、時間が過ぎていくだけで…反省です。素敵なお店を紹介して頂き、ありがとうございました。これからも楽しみにしています。

投稿: まつこ | 2007年2月17日 (土) 10時30分

『おいしい食育』の本読んでみたいです!
本当にその通りですね~もっと感謝の気持ち
を持って、ご飯を食べたいと思いました。
いただきますの言葉を大切に。。
食事の残り物によって環境破壊につながっているとは・・・
もっと食について考えたいと思いました!

投稿: tuiteru♪ | 2007年2月17日 (土) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189283/13935835

この記事へのトラックバック一覧です: 食育講座1☆:

« DADA CAFE | トップページ | 食育講座2☆ »