« お知らせです♪ | トップページ | プレゼント♪ »

2007年2月25日 (日)

メットの達人☆

身長150センチの小柄な青年「遠藤勇貴」くん。21歳の彼が、ニューヨークにある世界最大級のメトロポリタン美術館、通称「メット」の達人です☆

首から定期入れを提げ、右手にはボロボロになるまで読み込んだ、メットの作品集を持って、注意深く来館者を見守っていると、フロアの中央で右往左往する日本人のカップルが。勇貴くんは、ゆっくりと彼らに近づき、「何か、お探し、ですか?」と声をかけるのです。

すると、逆に「君はここで何をしているの?」と聞き返され、ちょっとだけ沈黙。次の瞬間、勇貴くんは、ゆっくりと口を開く。

「ぼく、は、美術館、の、案内人で、す」(*^_^*)

勇貴くんが生れた時、彼の18番目の染色体の一部が、ほんの少し欠けていたのです。染色体異常の中でも稀な「18pマイナス症候群」。この異常は、勇貴くんから言葉をクリアに話す力を奪ってしまいました。唇付近の筋力が弱いため、健常者のように話すことができない。だから、会話はゆっくりなのです。

「最初は声をかけても無視されるんだ。辛くって嫌になっちゃった」

つたない言葉で話しかける勇貴くんを遠ざける人も多かったようです。それでも勇貴くんはめげなかった。10年近い美術館通いで、秘蔵品の場所や美術館全館の移動方法は誰にも負けない♪ 館内で迷った人たちに「出口へのたどり着き方」などを、そっと教えてあげる。すると、「すごいね、ありがとう!」と、とても感謝されるのです。

毎日のように、美術館で案内活動をしている勇貴くんは、職員の間で話題になり、やがて『ニューヨーク・タイムズ』紙で紹介されるほどの有名人になりました。

そんな彼の活動は、メットの案内役だけにはとどまりません。その一つが「トラフィック・ウォッチャー」。毎朝一番に市内交通機関の公式発表をインターネットで調べて、美術館の職員や消防士、街角の人々に交通情報を教えているのです。

「朝はみんな忙しいから、運行状況を確認してから自宅を出るなんて余裕、ないでしょう?」

ニューヨーク市内は、地下鉄もバスもダイヤが乱れるのは日常茶飯事。働く人々が無事に帰れるように、勇貴くんは一日も欠かすことなく交通情報をチェックし続けます。

また図書館では、小さな子どもたちの為に、文章講座の監督ボランティアの活動も。口ではコミュニケーションが取りづらい勇貴くんにとって、書くことは最高の表現手段。だから、書くことは大好きなのだそうです。さらには地球環境に配慮し、リサイクルクラブの後輩たちにゴミの分別方法も教えているのです。

そんな彼が10歳の時、両親が離婚し、母親の洋子さんとニューヨークに渡りました。初めは洋子さんも心配していましたが、そこに住む人たちと触れ合い、助けられ、やがて勇貴くん自身が「誰かを助ける」行動を始めたのです。勇貴くんは、ニューヨークという街で、自分よりも弱い人々、困っている人々の存在に気づいて、その人たちのために手をさし伸べていく。

「メットの中だけじゃないよ。この街で迷っている人がいたら、ぼくはその人を助けたいんだ」

将来の夢は、憧れの消防士かバスガイド♪
今日も大好きな曲を口ずさみながら、勇貴くんはメットに向かいます。あの広い美術館で迷子になっている人を助けるために・・・。

038_001

|

« お知らせです♪ | トップページ | プレゼント♪ »

素敵な人たち・物たち」カテゴリの記事

コメント

まつこ様~☆
NYのメトロポリタン美術館に行かれた事があるんですね~。世界最大級ですから、相当広いんでしょうね。しかも、勇貴くんと同じ頃に行っていたとは!! ご縁を感じます♪ まつこさんは、本当に多岐にわたって行動されていて、ステキですね~☆ あたしもいつかメットに行ってみたいです。そして、勇貴くんに逢えたら嬉しいです☆

投稿: シータ | 2007年2月28日 (水) 22時02分

シータさん★
すばらしい方を紹介してくださってありがとう❤
勇貴くんの生き方は、たくさんの人に影響を与えていますね。私も以前NYに行った時、メトロポリタンに行きました。本当に広くて丁寧に鑑賞するには、何回も通わないと無理だなと思いました。彼が10年通って秘蔵品の場所や館内の移動方法を熟知されてホントすごいです。NYに行ったのが10年ほどまえですから、通い始めた彼とあっていたかもと思うと嬉しいです。♪与える生活をしている彼の生き方をもっと見習わなければと思います。

投稿: まつこ | 2007年2月27日 (火) 10時05分

tuiteruさん☆
仕事や人間関係で、ちょっと上手くいかないくらいでウダウダ言ってしまう自分を反省しました。

>ひとりひとり使命があって生きているんですね~☆

ほんとにそうですね。勇貴くんは素晴らしい使命をもって生まれてきたんだと思います。tuiteruさんの使命も大きいですよ♪ ともに魂を磨きましょう。多くの人の幸せのために…。

投稿: シータ | 2007年2月26日 (月) 15時13分

TKさま☆
本当に障害は関係ないですよね。私の兄も身体に障害をもっていましたが、いつも笑顔を振りまき、人のため、人のために精一杯生きた人でした。

>その人が、何を目指して、どう生きているかが大切だと、
>彼の生き方を知って、改めて思いました。

はい。私も全く同感です。この世に生を受けたからには、どう生きていくかがとても重要ですね。愛を与える生き方に感動です。

メットに行かれた事があるのですね♪ さすがTKさん☆ 私もいつか行ってみたいです

投稿: シータ | 2007年2月26日 (月) 15時08分

CANDYさん☆
本当にステキですよね。私も、自分の事ばかり考えずに、人のためになる生き方をしていきます♪

投稿: シータ | 2007年2月26日 (月) 15時04分

勇貴くん最高です~(T▽T)☆
本当に素晴らしいですね!
ひとりひとり使命があって生きている
んですね~☆本当に、TKさんと
同感です!!私も勇貴くんを見習って
魂を磨いていきます!!!!

投稿: tuiteru♪ | 2007年2月26日 (月) 14時18分

なんて素晴らしい人がいるんだろうと思いました。
障害の有無は関係ないですね。その人が、何を目指して、どう生きているかが大切だと、彼の生き方を知って、改めて思いました。
一昨年、仕事でNYに行った時に、メットにも行ったので、あの広い館内を歩き回ったことを思い出しました。

投稿: TK | 2007年2月26日 (月) 12時50分

ステキですね~♪

投稿: CANDY | 2007年2月26日 (月) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お知らせです♪ | トップページ | プレゼント♪ »