« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

プレゼント♪

どんな理由でも、プレゼントを頂くと嬉しくて、目が「への字」で、心がホカホカします。幸せホルモンが大活躍で、NK細胞も活性化です\(o ̄∇ ̄o)/

070228_2345_1本日頂いたプレゼントが、こちら!!

な、な、なんと「きのこのビン」に「きのこのおさじ」!!

か、かわいいーーーーーーーーーー♪

何を入れようか、今からワクワクです。

042そこで、早速イラストにしてみました。ビンは難しいです。

さらに中の「おさじ」は、うまく描けなくて・・・

断念しました(^^;)

そしてもう一枚は、もうすぐ誕生日の父へのプレゼントに絵手紙を書きました♪

041

| | コメント (13)

2007年2月25日 (日)

メットの達人☆

身長150センチの小柄な青年「遠藤勇貴」くん。21歳の彼が、ニューヨークにある世界最大級のメトロポリタン美術館、通称「メット」の達人です☆

首から定期入れを提げ、右手にはボロボロになるまで読み込んだ、メットの作品集を持って、注意深く来館者を見守っていると、フロアの中央で右往左往する日本人のカップルが。勇貴くんは、ゆっくりと彼らに近づき、「何か、お探し、ですか?」と声をかけるのです。

すると、逆に「君はここで何をしているの?」と聞き返され、ちょっとだけ沈黙。次の瞬間、勇貴くんは、ゆっくりと口を開く。

「ぼく、は、美術館、の、案内人で、す」(*^_^*)

勇貴くんが生れた時、彼の18番目の染色体の一部が、ほんの少し欠けていたのです。染色体異常の中でも稀な「18pマイナス症候群」。この異常は、勇貴くんから言葉をクリアに話す力を奪ってしまいました。唇付近の筋力が弱いため、健常者のように話すことができない。だから、会話はゆっくりなのです。

「最初は声をかけても無視されるんだ。辛くって嫌になっちゃった」

つたない言葉で話しかける勇貴くんを遠ざける人も多かったようです。それでも勇貴くんはめげなかった。10年近い美術館通いで、秘蔵品の場所や美術館全館の移動方法は誰にも負けない♪ 館内で迷った人たちに「出口へのたどり着き方」などを、そっと教えてあげる。すると、「すごいね、ありがとう!」と、とても感謝されるのです。

毎日のように、美術館で案内活動をしている勇貴くんは、職員の間で話題になり、やがて『ニューヨーク・タイムズ』紙で紹介されるほどの有名人になりました。

そんな彼の活動は、メットの案内役だけにはとどまりません。その一つが「トラフィック・ウォッチャー」。毎朝一番に市内交通機関の公式発表をインターネットで調べて、美術館の職員や消防士、街角の人々に交通情報を教えているのです。

「朝はみんな忙しいから、運行状況を確認してから自宅を出るなんて余裕、ないでしょう?」

ニューヨーク市内は、地下鉄もバスもダイヤが乱れるのは日常茶飯事。働く人々が無事に帰れるように、勇貴くんは一日も欠かすことなく交通情報をチェックし続けます。

また図書館では、小さな子どもたちの為に、文章講座の監督ボランティアの活動も。口ではコミュニケーションが取りづらい勇貴くんにとって、書くことは最高の表現手段。だから、書くことは大好きなのだそうです。さらには地球環境に配慮し、リサイクルクラブの後輩たちにゴミの分別方法も教えているのです。

そんな彼が10歳の時、両親が離婚し、母親の洋子さんとニューヨークに渡りました。初めは洋子さんも心配していましたが、そこに住む人たちと触れ合い、助けられ、やがて勇貴くん自身が「誰かを助ける」行動を始めたのです。勇貴くんは、ニューヨークという街で、自分よりも弱い人々、困っている人々の存在に気づいて、その人たちのために手をさし伸べていく。

「メットの中だけじゃないよ。この街で迷っている人がいたら、ぼくはその人を助けたいんだ」

将来の夢は、憧れの消防士かバスガイド♪
今日も大好きな曲を口ずさみながら、勇貴くんはメットに向かいます。あの広い美術館で迷子になっている人を助けるために・・・。

038_001

| | コメント (8)

2007年2月23日 (金)

お知らせです♪

先日の食育講座に参加して、意識が高くなっていたからなのでしょうか。「おいしいノーミート」と言うブログのライターをさせて頂く事になりました。友人たちと食事に行く機会が多いので、ノーミートだったり、オーガニックのカフェやレストランをご紹介出来たらイイなと思っています。

早速、昨日行った「マクロビ」のカフェを紹介しました。
「おいしいノーミート」のブログはこちら

なぜ肉食をさけた方がイイかは、以前「今こそ食生活を見直そう♪」で書きましたが、環境に大きな影響を与えているからなのです。この「おいしいノーミート」のブログでは、肉なしレシピも沢山紹介されていますので、どうぞご活用下さい。

それと、アトリエTKさんの所に、私の新作の絵手紙をUPして頂きました。笑える作品ですので、どうぞご賞味下さいませ。

「アトリエTK」さんのブログはこちら

| | コメント (9)

2007年2月20日 (火)

『しりとりのだいすきなおうさま』

おススメの絵本シリーズ!!

皆さん、お待たせしました♪ あれ? 待ってなかったですか?? \(o ̄∇ ̄o)/ まぁまぁ、そう言わずに☆

今回、ご紹介するのは、
『しりとりのだいすきなおうさま』(中村翔子/作、はたこうしろう/絵)

032_4   

あるお城に、「しりとり」の大好きな王様が住んでいました。王様は、何でも「しりとり」で並んでいないと気がすみません。夕ご飯の料理の順番も「しりとり」で出さないといけないから、家来たちはテンヤワンヤで・・・。しかも、最後は決まって、王様の好きな「プリン」で終らなくてはならないのです・・・。

童心にかえった私は、次に何が出て来るのかが楽しみで、どんどんページをめくってしまいました♪

最後の家来たちの行動に、私は愛情を感じました。1つじゃないところに・・・。

この絵本は、内容もカワイイのですが、何といってもイラストがいいんです! 私の描きたくなるようなイラストで☆ 水彩のにじみも効いていて、もうたまりません♪

食べてる時の王様の顔が最高でした\(o ̄∇ ̄o)/

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年2月18日 (日)

新作の絵手紙♪

私の書いた「絵手紙」がTKさんのブログ、「アトリエTK」にUPされています。とっても、嬉しいです☆o(*^▽^*)o~♪ にゃは~。

アトリエTKさんのブログはこちら♪

そして本日、職場の方に新作の絵手紙をプレゼント☆ 皆さん、とっても喜んで下さって!あたし幸せです \(o ̄∇ ̄o)/

010  013  009

018  022_1  011

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

食育講座2☆

服部先生は、「地球規模」でものごとを考える事が大切だと言われました。贅沢な食事をしている国は、ほんの一部であって、貧しい国では、一日に4万人くらいの子供が命をおとしている。年間にすると、東京都の人口を超えてしまうそうです。食生活が豊かな国の人たちの「食べ残し」を、貧しい国々へ持っていったとすると、4万人の子供達の命が救われる計算になる。自分達の幸せや利益だけ考えるのではなく、もっと地球規模でものごとを考える事が必要なのです。

そして、「自分一人やったって、変わらない・・・」という考えを捨てる事。「まず、自分一人から始めて下さい」と先生は声を大にして仰っていました。

022 先日、『地球のスイッチ』という本を買いました。温暖化をこれ以上進めないために、私たちに出来る事がシンプルなイラストと短い文章で表現されている本です。その中に、
「ぼく一人くらい消し忘れたって、まあいいか。」(次のページをめくると・・・)

「って、世界中の人が思ったらどうなるだろう」
まずは自分から始めなくちゃ!!\(o ̄∇ ̄o)/

また、現代人の誤った食生活は、5つの「こ食」で表せるそうです。

☆弧食・・・1人で食事をすること。
小さい頃から独りで食事をする事は、発育に必要な栄養分が足りなくなるばかりか、社会性や協調性といったものも身につかなくなる。

☆個食・・・家族がそれぞれ好きなものを食べる
家族で食卓を囲んでいるのに、それぞれがバラバラなものを食べていると、食べ物の好き嫌いを増やし、何よりもワガママな性格になる。

☆固食・・・自分の好きなものしか食べない。
ハンバーガーやコーラばかり食べて飲んでいれば肥満になり、やがては生活習慣病になる。

☆小(少)食・・・食欲がなく、食べる量が少ない
ダイエットを気にすることで起きる「小食」では、栄養が足りなくなり、無気力になる。

☆粉食・・・パンなどの粉をつかった食事が中心
パンなど柔らかいものばかりで育てば、噛む力が弱くなってしまう。噛む力が弱ければ運動能力も育たない。

こうした5つの「こ食」を習慣化させないためにも、家族団らんが求められているのです。あ~やっぱり、家族っていいな~o(*^▽^*)o

では、どういう物を食べたらいいのかと言うと・・・
■血液をキレイにする食品
日本茶、魚、海草、納豆、お酢、きのこ、野菜、ねぎ

■身体をつくり、健康にする食品
豆、ごま、海草、野菜、魚、きのこ、いも

022_001 特に先生は「きのこ」に力を入れていらっしゃいました。当日の資料として頂いた冊子も『きのこと食育』。
きのこは、旨味があり、香りがあり、食感が良くて、食べごたえもある。なのに、カロリーがほとんどない。海外でも人気が高く、以前は「ブラック・マッシュルーム」と言われていたそうですが、今では「シイタケ」という名前を確立したそうです。

特に「干しシイタケ」がおススメ。なんでも、シイタケが一人前になるまでに2年ほどかかり、その間に森の養分を蓄えるのですが、干される時に、太陽の光ををあびて「ビタミンD」も一緒に吸収するらしいのです。そのビタミンDは「カルシウム」を沢山取り込む事ができるので、カルシウム不足の人は、「干しシイタケ」を食べるといいそうです。(戻し汁には栄養がたっぷりです。絶対捨てずに使ってね♪)

でも、最近の干しシイタケは、太陽ではなく、加熱して干しているものも多いので、調理をする前に太陽に当てるとイイと言われました。

ここで面白かったのが、「もし太陽にシイタケをあてる事が出来なかったら、24時間以内に食べた人が太陽を浴びて下さい」と言われたこと♪ 干せなかったら、干されればイイのね~(ノ⌒∇)ノ  今度から、シイタケを食べた日は、太陽に向かって走りだします☆

019_001_1  021  022_001_1

食べものの話を沢山聞いた私とれんげさんは、まだ夕方だというのにお腹がなりだして・・・(^^;)

070216_1839 そこで夕食は、大好きな「夢民」のカレーを食べる事にしました。もちろん「きのこたっぷりカレー」。美味しかった~♪
翌日、太陽をしっかり浴びたのは、言うまでもありません!( ̄m ̄*)V  きのこ、バンザイ!!

「食育」もエコも楽しみながら、一歩一歩進んでいけたらと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年2月16日 (金)

食育講座1☆

三帰天海さんの精進弁当を食べてから、「食」に関心をもった私。でも、季節のもの、その土地のものを食べるのが身体に良いというくらいの知識しかなかったので、ちゃんと「食」について学ぼうと思い、「食育講座」に行ってきました。_φ(□□ヘ)

場所は、今話題の「ストップおんだん館」。
春のスペシャルプログラム「服部流!食育ことはじめ ~未来をつくる基本食~」 と題したイベントの講師をつとめたのは、服部津貴子先生。服部流割烹の17代家元で、服部栄養料理研究会の会長。あの服部幸應先生の妹さんなのです。

平成17年6月10日に「食育基本法」が成立。
辞書を引くと、「食育」とは、『様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることである。』とありました。

服部先生は、まず、なぜ「食」に関する法律が出来たかを説明して下さいました。
その理由は色々ありますが、まず、
「食」を大切にする心の欠如。
つまり、現代人は「食物」に対して感謝の心がなくなってきているというのです。私も小さい頃、親から「お米には神様が宿っているから、残さず食べなさい!」と教えられました。しかし、感謝の気持ちがなくなってくると、平気で食事を残すようになる。そして、日本(特に都会)の場合、残飯(食品ロス)は可燃ゴミとして捨てられる。しかも、残飯は水分を多く含んでいるから、ゴミを燃やすために、大量のエネルギー(石油)が使われ、大量のダイオキシンまで発生させてしまう。何気なく食べている「食事」が、環境破壊につながっているのです。Σ( ̄ロ ̄lll)

他の理由としては、生活習慣病の増加や過剰なダイエット、「食」の安全性の問題、BSEや鳥インフルエンザなど・・・ 「食」が大きな問題になっているのです。

019_001 服部先生は、『Q&A 季節の食育』の中で、
『食育というと、食べものの栄養のことを勉強するだけだと思っている人が多いかもしれませんが、食育の内容はもっと幅が広いのです。
 栄養や調理法のことだけではなく、食べものへの感謝のきもち、食事のマナー、家族のつながり、こころとからだの健康のこと、さらには地球の環境のこともかんがえるのが、食育なのです。』
と仰っていました。

017さらに、「食」という漢字を分解すると、「人」と「良」になる。食育とは、「人を良く育てる」ことだとも! 漢字って奥が深いな~。目からウロコです。\(@O@)/

有名な、ある主婦の方の新聞の投書。
「私の子供はきちんと給食費を払っているのに、なぜ〈いただきます〉を強制させられるの?」
ビックリしますよね。やっぱり食育は大切だわ!!!!

019 服部先生の『「おいしい」食育講座』には、「いただきます」と「ごちそうさま」の語源が説明されていました。
『食事を始めるときにいう「いただきます」のあいさつは、誰に向かっていっていると思いますか? おそらく、料理をつくった人へのあいさつだと思っている人が多いのではないでしょうか。もちろん、間違っていないでしょうが、「いただきます」のいわれはいくつかあるようです。
 ひとつは、「いただき」つまり「頭の上」のことを意味するといわれています。古来からお祭りなどで神社に供えた食べものを、みんなで分けて食べる前に、頭の上にいただいて(差し上げて)食べたのが、始まりです。他には、仏教の教えによる「命あるものをいただく」ということに語源があるともいわれています。
 「ごちそうさま」のほうは「御馳走様」と書くことから、料理の支度のために走り回った人へ感謝をあらわす・・・・・・というのが一般的な説です。
 英語には、「いただきます」と「ごちそうさま」にあたるあいさつはありません。「いただきます」は、韓国にも中国にもないようです。
 わたしは、日本独特ともいえるこのあいさつを、とてもステキだと思います。なぜなら、生活にメリハリをつけてくれるからです』

感謝の気持ちなどのプラス思考を持つと、「幸せホルモン」が出て、善玉菌も増えるから、身体にとってもイイと言われました。
感謝の気持ちと、ムダな買い物、作りすぎをなくして、地球にも身体にもやさしい「食生活」を心がけます♪

(つづく)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

DADA CAFE

代々木の駅前にドコモのビルが出来て、もう何年経つのでしょうか? 月日が経つのは早いものです。はい。( ̄(エ) ̄)ゞ

そのドコモタワーのすぐ側に、ステキなカフェを見つけました。カフェと言っても、一見すると「フツーの家」。たぶん、ほとんどの人が通り過ぎてしまうような、路地を一歩入った所にある古民家なのです。なんと表現したら一番しっくりくるのかって考えていて、思い浮かんだのが「ノスタルジー」。私的には、「おばあちゃんの家」(ノ ̄ー ̄)ノ♪って感じなのです。

070210_2022カフェのテーブルには、小さな盆栽が飾られ、板張りの縁側にお庭も。さらに障子や引き戸など、思いっきり昭和が漂っているのに、ソファーやテーブルは洋風。アンバランスかと思えば、そんな事は全くなく、GOOD☆ まさに私好み(@^∇^@)   隠れ家的なのに、席はほぼ満席な所をみると、知る人ぞ知るお店。それが「DADA CAFE」なのです。

070210_19310001 これは、友人が食べた「DADA特製カレー」。
カレーの具で顔が出来てるんです。(>▽<)ゞ
可愛すぎます。
確か、ごはんは玄米だった気が!

それ以外には、自家製のピクルスや、野菜まるごとサラダなど、野菜が沢山食べられて幸せでした。

070213_2227 帰りがけ、「夜にお食事をしたお客さまに、プレゼントお渡ししています」と言って、小さな包みが手渡されました。季節に合わせて中身が変わるプレゼント。ほんの小さなキャンディー一つだったけど、心がほっこり温まりました。ヘ(^∇^ヘ)

お店の人もステキだったので、私の東京カフェ・ライフがまたまた楽しくなりそうです♪

☆DADA CAFE☆
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-23-10
03-3350-2245
11:30 - 23:00
日曜休

※「代々木駅」東口から徒歩2分

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

ハマリました♪

いや~、素敵な世界にどっぷりとハマってしまいました。どれだけハマったかと言うと、昼ご飯を食べ忘れ、夜寝るのも忘れそうで…(^^;) 熱しやすく冷めやすい性格を何とかせねば…。

何にハマったかと言いますと「絵手紙」です♪
ずっと、絵手紙を描かれている方の作品を見ているだけで、幸せになり、大満足だったんですが、れんげさん主催の「絵手紙大会」に参加したり、アトリエTKさんのブログを毎日のように拝見している間に、もう一人の私が…!(」°ロ°)」

まだまだ発展途上ですが、見て頂けるだけで嬉しいです♪

070210_0056   070210_0057   070210_005701_1

こちらは、横バージョンです☆

070210_005600  070210_005700  070210_005601

心が温まる作品を作って行けたらっと思っています♪

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

参加者募集中♪

先日ご紹介した「ストップおんだん館」に興味を持たれた方が、何人かいらっしゃいましたので、インタープリターと学ぶ「予約プログラム」への参加者を募集いたします。
詳細は次の通りです。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

日  時 2007年2月22日(木)
時  間 13:30~15:00
場  所 東京都港区麻布台1-11-9「ストップおんだん館」
入  場 無料
人  数 1人~60人まで
申込み 参加を希望される方は、こちらまで(*^_^*)
その他 終了後、お時間のある方達でカフェへ♪

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お友だちやご家族を誘って下さってもOKです。
温暖化を「ストップ」出来るのは、このブログを見ている、そこのあなたです!!!(☆∇☆) キッラ-ン! 一緒に勉強できることを楽しみにしていま~す。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

ホット☆ドリンク!

暦の上では、春になりましたが、まだまだ寒い日が続いています。
みなさ~ん!元気ですか??ヾ(@^▽^@)ノ

そこで今日は、私の好きな、寒い冬に飲みたい「ホット☆ドリンク」をご紹介します。

070118_1535 ★ジンジャーミルクティー★
元々、生姜が好きだったので、料理にたっぷりすりおろして入れていたのですが、ミルクティーに入れたのは初めて! お砂糖の代わりにハチミツを入れてみました。さすがジンジャー!! 身体がポッカポカ。薄く切った生姜をハート型して添えました。

070204_1539 ★ゆず蜜茶★
1年前の冬にかなりハマって飲んでいましたが、その時は顆粒だったので、今年はハチミツ専門店のゆず蜜を購入。これまた、ハチミツの甘さとゆずの香りに、バッチリ癒されました。
私の職場の方々も「ゆず茶」が大好きで、大先輩のTさんが買って下さった、大瓶のゆず蜜は、あっと言う間になくなってしまいました。また買って来てくださいね♪

★S君特製のミルクココア★
070115_1213  070115_1707

これは、あったまります!! 身体だけではなく、心もね! それもそのはず。S君が、奥さんのRちゃんと私のために、時間をかけて生クリームをホイップした特製のココアなんです。あ~本当に美味しかった。Rちゃんが作ってくれた「りんごのケーキ」と一緒に食べると、そこはもう立派なカフェでした。ごちそうさま~。

061207_1140 ★ラテアートされたドリンク★
これは、れんげさんの隠れ家的なお店に連れて行ってもらった時に頼んだもの。この他には、葉っぱやウサギ、スノーマンなどのラテアートもあり、見ているだけでホットになれます。ラテアートに夢中になりすぎて、何を飲んだのか忘れました。ココアだったかな~?

★スタバのチャイ・ラテ★
1年前に猛勉強していた頃、毎日のように通った「スターバックス」の定番メニュー。ミルクの味が濃くて、ハマリました。マイ・タンブラーもかなり愛用しました。豆乳を使った「ソイ・ラテ」もお勧めです。

★ハスのお茶★
池袋にある大きな本屋さんの脇を入った所にあるカフェのメニューで、珍しいアジアン・ティーが頂けるお店。店内は洋書やオブジェが沢山並んでいて、アートなカフェです。フード類も美味しかったです。本屋さんで好きな本を買って、のんびりお茶をするのが最高です♪

みなさんのこの冬のおススメのホットドリンクがあったら、是非教えてくださいね☆

※先日、初めて「絵手紙」なるものを描きました。まだまだ修行が足りませんが、お茶のお供にでもどうぞ♪ (  ̄ー ̄)_旦~~~ →アトリエTKさんのブログ

| | コメント (16) | トラックバック (1)

2007年2月 3日 (土)

祈りをこめて・・・

地球温暖化に関する国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は、温暖化は「人的要因」であると発表しました。報告書によると、人の活動で排出されるCo2などの温室効果ガスが、温暖化の原因である確率は「90%を超える」。つまり、温暖化が科学的に解明されていないとする主張が否定され、ハリケーン「カトリーナ」や、集中豪雨などは、私たち人間が引き起こした「人災」という事が言えるのです。Σ( ̄ロ ̄lll)

先日観た、映画「不都合な真実」の中でも、ゴアさんがこの事を強調していましたが、ついに国連でも報告されたという事は、世界中が今まで以上に危機感を持って、行動に移さないといけない所まできているということなのかもしれません。

本日、「世界一受けたい授業」に、ゴアさんが出演されました。
内容は映画のまとめと言った感じでしたが、とても分かりやすくて、今まで地球温暖化についてあまり知らない方が、見てくれていたら嬉しい内容でした。

ゴアさんは、言葉の使い方も重要であると言い、
『「地球温暖化」と言うのは、あまり「恐ろしい言葉」ではありませんよね。私は「気候の危機」という言葉を使っています。』

と言われました。確かに「温暖化」って言葉だけを見ると、温かそうな感じですよね。もっと、現実をしっかり受け止めることも大切。_φ( ̄ー ̄ )メモメモ

最後にゴアさんは、今から言う言葉を、「耳」で聞くのではなく「ハート」で聞いてください、と言ってから一言。

『これには「人類の未来」がかかっています。私たちには、この「地球温暖化の危機」を解決することができます。一人一人の「心がけ」から始まるのです。私たちがもっと真剣に、地球温暖化の危機に取り組めば、「世界を変える」ことができるのです。』

世界を変える! この言葉に奮い立ちました!!私も今まで以上に、取り組みますO(≧∇≦)O

丁度、昨日友人からステキな言葉を教わりました。
「口で、プラスの事を言うと、願いが叶うんだよ♪」

そう言われて、少しして目からポロポロとウロコが!!\(◎o◎)/
「口」偏に「+(プラス)」と書いて「叶」という字になる。って事は、マイナスの言葉を発しても、願いは叶わないって事ですよね~。は~。これまた感動。

ゴアさんの言った「一人一人の心がけで世界が変わる!」というプラスの言葉も、きっと叶うと確信しました。そして、真実を知った私たちは、とにかく行動に移しましょう☆。('-'。)(。'-')。

もし、色々とエコ活動をして、もう何も行動に移す事がないって思った人にも、出来る事があります。それは「祈る」こと。世界中の人々の幸せを。私たちの子供や孫やひ孫や、その先のずっと先の未来の人たちの幸せを。地球上に住む、すべての生物の幸せを。そして、苦しんでいる地球の幸せを。

070203_2235_1 今夜は、祈りをこめて「キャンドル・ナイト」♪

今週とっても頑張った自分への「ご褒美」に買った、りんごのキャンドル・ホルダーです。 あんまり、明るくなかったのが残念でしたけど、カワイイからオブジェでも充分活躍してくれそうです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

『セーターになりたかった毛糸玉』

先日、K先輩に絵本をもらってから、すっかり絵本に興味をもった私。今までも、気になるものがあると「飛びつく」性格の私です。
ジョニーしかり。ブログしかり。キャンドルしかり。( ̄▽ ̄)ノ

そこで、家の本棚を眺めてみると、絵本が数冊と、こんな本が!

070201_1701 『わが子と読みたい 日本の絵本 50選』

桑原聡さんという産経新聞編集局の方が、ご自分の息子さんが3歳~5歳半になるまでの間に読んであげた、数百冊の絵本の中から、父子ともども楽しんだ作品を紹介している本なのです。

全ページ、カラーで、絵本の簡単な紹介文と、桑原さん父子の感想がついていて、どの絵本も読みたくなってしまいます。

桑原さんは、この本の「はじめに」で、
『わが子をひざに乗せ、干草のような髪の匂いをかぎながら絵本を読んでやれるのは、本当にわずかな期間です。お父さん、そのチャンスをけっして逃してはなりません』
と書かれていました。本当にそうですよね。子供の成長はとっても早い♪ だからこそ、絵本を一緒に読んであげられる期間って、とっても大切なんですね~。_φ( ̄ー ̄ )メモメモ

この本の中で、私が一番読んでみたいって思った本がこちら☆

『セーターになりたかった毛糸玉』(作・絵/津田直美)

070201_1658  070201_165800  070201_1659

この物語の主人公は毛糸玉。毛糸として生れたからには、誰もが一度は憧れるセーター。10個の毛糸玉が束になって、買い主が現れるのを待ちます。そして念願かなって、セーターをつくるために、おばあさんが10個まとめて買ってくれました。わ~い♪
みんな自分達が、セーターのどの部分になるのかワクワク、ドキドキ☆

でも、おじいさんが小さかったのか、セーターは9玉で出来上がってしまいました。o(;△;)o
残ってしまった1玉の毛糸玉は、それでもセーターになる夢をあきらめることができません。果たして、毛糸玉の運命やいかに!!

お話もステキですが、パステルと色鉛筆を使ったイラストがとっても温かい雰囲気を出していて、本当の毛糸玉に触れているみたい。

私の後輩は、どのページを読んでも「毛糸玉」と言えず、「毛玉」と読んでしまって・・・。( ̄□ ̄;)
似てるけど、かなり違うものになってしまいました。

そういえば、私の部屋にも、編み物した残りの毛糸玉が紙袋の中で眠っていたな~。
もしかして、みんなセーターを望んでいたりして・・・。来年は頑張ろうかな~。
残った毛糸玉も使ってあげなくちゃね♪

絵本って、やっぱりステキですね。
イラストと短い文章の中に、心が温まったり、考えさせられたり。

私が小さい頃、親戚のおばさんは、必ず絵本か図書券を買って来てくれました。私は、それが楽しみで、楽しみで♪
妹の子がもう少し大きくなったら、絵本をプレゼントしたいです☆

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »