« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

お薦め♪「不都合な真実」

映画「不都合な真実」を六本木ヒルズに見に行ってきました。

この映画は、最初から最後まで、アル・ゴアさんが一人で語り続けるもので、データや画像で温暖化の現状や予測を伝えています。ゴアさんは、温暖化防止のための講演活動をライフワークにし、1000回以上も講演しているというだけあって、熱意は半端じゃない。しかも!プレゼンの仕方がとっても素晴しいし、分かりやすい! アニメで表現したり、時々ユーモアをはさんだりする手法に、私は、どんどん引き込まれていきました。

どんな映画だったかは、「百聞は一見にしかず」ですので、劇場に足をお運び下さい。。('-'。)(。'-')。

私は、友人のれんげさんと「エコサンデーキャンペーン」を利用して500円で鑑賞しましたが、この映画は500円ではもったいないくらい価値があると思います♪ もっと、みんなが温暖化について学んで、生活に生かす必要があるからです。

でも、500円だったからなのか、私たちが見た回は満席でした。

この映画を撮った、デイビス・グッゲンハイム監督は、プロデューサーから「アル・ゴアのスライドショーを映画化する」と聞いた時は、「なんて、ひどいアイデアだ! 90分も、ただただ科学を説明したり、数字を並べても、誰が観たがるんだろう?」と思ったそうです。

しかし監督は、実際にゴアさんのプレゼンを聞いて、感動!! そして、多くの人にこの現状を伝えなくては、という気持ちになっていったのです。

監督自身は、それまで環境問題に対して、ほとんど関心がなかった。だからこそ、ゴアさんの話を聞いてショックを受けたのです。地球が大変なことになっていると。そこで、早く全世界の人に知ってもらいたくて、6ヶ月ほどでこの映画を製作。さらに、自分の意識にも変化が。車をトヨタのハイブリッド車に変え、屋根にはソーラーパネルを貼った。そして、奥さんと一緒に家庭でのCo2の排出をいかに抑えるかを、楽しみながら考えているのだそうです。

撮影した監督の意識まで変えてしまうとは、やっぱりすごいです。ゴアさん♪

映画を観終わった時、会場では拍手が起こりました。あたしは嬉しくて嬉しくて、涙が出そうでした。Y(>_<、)Y ゴアさん!日本のみんなにも伝わっていますよ!

そして、なんと言っても、この映画のすごい所は、絶望ではなく希望がもてる所。ゴアさんは、私たちに「今からでも遅くない! みんなで共に温暖化させない工夫をしましょう」と言って、「私にできる10の事」を示してくれました。

★省エネルギー型の電化製品や電球に交換しましょう
★停車中は、エンジンを切り、エコ・ドライブしましょう
★リサイクル製品を積極的に、利用しましょう
★タイヤの空気圧をチェックしましょう(車の燃費を良くすれば、無駄なエネルギー消費を防げます)
★こまめに蛇口をしめましょう(水道の送水に使用されるエネルギーを削減することが出来ます)
★過剰包装、レジ袋を断りましょう(買い物は、リサイクル・エコ・バッグを使いましょう)
★エアコンの設定温度を変えて、冷暖房のエネルギー削減をしましょう
★たくさんの木を植えましょう(1本の木は、その生育中に1t以上の二酸化炭素を吸収することが出来ます)
★環境危機について、もっと学びましょう。そして、学んだ知識を行動に移しましょう。子供たちは、地球を壊さないで、と両親に言いましょう
★映画「不都合な真実」を観て、地球の危機について知り、友に勧めましょう

ゴアさんは、この映画の宣伝の為に来日し、「NEWS23」に出演した時、もう一度大統領に立候補しますか? と質問されましたが、「再び立候補する予定はない」と言ったそうです。地球環境問題は、政治的な問題ではなく、大切なのは「倫理観」だから、人々の意識を変える事を目標にした活動を続けていくのだそうです。カッコイイ! すっかり、ゴアさんの生き方に感銘を受けちゃいました。\( ̄▽ ̄o)/

そして、新たな科学的な研究が発表されるたびに、温暖化の危機の緊急性を伝えることを、自分の「使命」と思うようになり、毎日、この問題をどうやって効果的に伝えられるかを学んでいるのだそうです。素晴しすぎます!!

生長の家では、今、環境問題に取り組んでいます。
副総裁・谷口雅宣先生は、この映画でゴアさんが語られる内容を、講習会などでお話し下さり、信仰心や倫理観を育てることが、環境問題を解決するカギであると教えてくださっています。
今こそ、この美しい地球を守るために、感謝の気持ちで、多くの人のために祈り、環境に配慮した生活が求められているんだと感じることができた映画でした。それが、他を生かす生き方なんですね♪ どんどん実践します\(>▽<)/

とっても良い映画に出会えた事に感謝の気持ちで一杯です。DVDが出たらきっと買います☆

※2007年2月3日放送の「世界一受けたい授業」に、ゴアさんが出演されるそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

友情サイコウ物語☆

まだ私がセーラー服を着ていた頃、出会った仲間がいました。
ルーズソックスやミニスカートが流行る前の、ほんの一昔前の話。( ̄(エ) ̄)

みんな若かったから(今も若いけど!)、恋で悩んだり、恋で泣いたり、恋バナで盛り上がったり、恋が成就して・・・ あ! 恋の話ばっかになってる!!( ̄▽ ̄lll)
恋の話だけじゃないけど、まさに青春時代をともに過ごした仲間なのです。

私は高校卒業と共に実家を離れ、広島で2年間の学生生活。そして、東京で働くことになりました。つまり、みんなとは離ればなれ・・・Y(>_<、)Y

「きっと、すぐに辞めて帰るから」
そう言って、もう12年も経ってしまいました(^^;)

でも、家族と同じで、離れていても気持ちは通じているもの。どれだけ逢わなくても、以心伝心なのです。

そんな、何でも話せる仲間たちが久しぶりに集まりました。小さい子供を含めると総勢15名。
集まったのは、私の大親友のS君とRちゃんの家。2人もこの仲間から、出会って結婚しました。S君は男前なお父さんを持つ人で、職業はヒーロー。Rちゃんは、良い事を思いつく天才で、私のためなら一肌でも二肌でも脱いじゃうような人。そして、このメンバーの幹事さん。今は2人の子供のお父さんと、お母さんです。

T君&Tちゃん夫婦も、一緒にバカをやっていた仲間で、特にT君とは会うと漫才コンビ状態で、ついつい我を忘れてしまいます。

Sちゃんは年上の優しいY君と出会って結婚。とってもイイ子育てをしているみたいで、小さい子の面倒をよく見る息子が1人います。だんなのY君は、なぜか私が大酒飲みと勘違いしているようで・・・( ̄▽ ̄)ノ

Nちゃんは、昔から笑顔で爆弾発言をする人。でも、なぜか憎めない。プリティーな娘がいます。

そして、子供が大好きで、子供たちからも大人気。だけど、B型恐怖症なK先輩。

こうして書いてみると、結構、濃い~人たちの集まりのようだわ。あたし以外!o(>▽<)o

お昼は、Rちゃんの手作りカレー。こんなに大勢で食事をするのも久しぶりだから、何をやっても、何を話しても、楽しくて仕方がありません。女子チームは、後片付けでお皿を洗いながら、久しぶりの「恋バナ」で大盛り上がり♪ すっかり学生時代に戻っていました。

すると、K先輩から子供達に絵本がプレゼントされました。みんな、とっても嬉しそうで、早速お父さんやお母さんに読んでもらっていました。ほのぼのとしている光景を遠くから眺めていると、なんと私にも絵本が!(≧∇≦)

406127274809_aa240_sclzzzzzzz_ 名作中の名作。

『100万回生きたねこ』です。(;__;)泣けるんです。
大切な人との幸せ。愛することの大切さを教えてくれる本です。
先輩!素敵な絵本をどうもアリガトウゴザイマシタ(^人^) 大切にします☆

その後は、ちょっとしたバースデーパーティー♪
そのケーキは私からのプレゼントです (*^▽^*)

実は、品川駅で、みんなへのお土産を見ていたら、「エクスプレスロール」という、50センチもあるロング・ロールケーキと目がバッチリ合ってしまった私! しばし「こう着状態」が続いたものの、あまりのインパクトと、大人数にはもってこいのお土産に、さっそく購入。みんなの喜ぶ顔を想像して、鼻歌まじりに、少し歩いていると・・・

「ブチ!!」

ん??  今、なんか変な音しなかった?  と手元に目をやる私。
少しして、ロールケーキの箱の取手の片方が、空中に・・・
いやいや、取れている!!
「やばっ!!」
と思って、箱の底に手を回した瞬間、もう片方の取手も「ブチ!」と悲しい音を立てて切れました( ̄▽ ̄;)  なんて、やわなのよ~

しかし、私の素晴らしい洞察力と判断力と瞬発力でナイスキャッチ!  少し傾いただけで難を逃れました。ど~よ!( ̄ー+ ̄)

でも、そこからが大変。ただでさえ大荷物な私は、取手の取れたロングなロールケーキを、大砲のように小脇に抱えて歩くはめに・・・。そんなロールケーキと格闘していると、すでに新幹線がホームに到着して、臨戦態勢。けたたましいベルの音。走る私。転がるお茶。ほとばしる汗! そんなこんなで、ギリギリ飛び乗ったのでした。駆け込み乗車は危険です!( ̄▽ ̄;)

とんだ大騒動になってしまったけど、みんなが「美味しい」と言って食べてくれたから、ハプニングも良い思い出となりました(o^─^o)
今度は「恵方巻き」のようにして食べたいらしいので、1人一本…
全部取手が取れたら、芝刈りのおじいさん状態で背負って帰るしかないな・・・\(◎▽◎)/ なんて! 

みんなに逢えて、元気も沢山もらえて、また色んな事に頑張れます。本当にアリガトね~♪ また逢いにいきます☆

| | コメント (12) | トラックバック (7)

2007年1月23日 (火)

マイ箸でポイントを♪

愛知県豊田市の名鉄「豊田市」駅前ビル「T―FACE」B館のレストラン街が、昨年の10月7日の改装オープンに合わせて、割り箸の利用を控えようという「マイ箸」キャンペーンを始めたそうです。

キッカケは、やはり「愛知万博」。その万博の閉幕一周年を記念して、環境を考える企画「マイ箸作り講座」を企画。すると、60人の定員に応募は600人。マイ箸や環境への関心がとっても高いんですね~。φ( ̄ー ̄ )ノ

「マイ箸なら手軽だし、楽しみながら環境問題に取り組んでもらえると思いました」

と「豊田まちづくり株式会社」の鬼頭さん。キャンペーンは、お店で持参した箸を提示すると、ポイントがもらえる仕組みで、ポイントがたまると、ドリンクやデザートがサービスになるというもの。

お~。これなら、出掛ける前の「マイ箸」チェックが欠かせませんね~☆

このキャンペーンに参加しているお店は、レストラン街の11店舗のうち、箸を使用しない店を除く9店舗で、店頭に「ちょこっとE―CO(いーこ)とショップ」のステッカーが貼ってあるそうです。

また、同じビルの2階の案内所では、「マイ箸」と「箸包み布」のセット(1,000円)などを販売して、売り上げの10%が森林保護のために使われています。

ポイント大好きな私は、とっても興味津々。東京でもそんなお店があったら嬉しいのにな~\(>▽<)/

そうだ!! 「ブログ ミーツ カンパニー」に提案してみよっと♪(*⌒▽⌒*)

と思っていると、「愛のマイ箸一億人運動」なるものが!!

なになに?? と思って詳しく見てみると、日本国民一億人が、マイ箸を使用する習慣をつけてもらう事を目的に始まった運動だったのです。

この運動をはじめたのは、居酒屋などの飲食店をチェーン展開している「マルシェ株式会社」。プロジェクトチームまで作って「マイ箸運動」に取り組む熱の入れようなのです。スゴ~イ♪

マルシェは、全店舗の770店で、割り箸の提供を廃止し、洗い箸に変更しました。その数、年間で約1500万膳に。パチパチパチパチ~ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ

Daf7846ef4cb75d1c3a66659033321a3 さらに「マイ箸」を持参したお客様には、ポイント還元やポイントの一部で寄付が出来る「MY箸持参キャンペーン」も実施中。そして、噂のロゴマークが、これ♪

私も「マイ箸」の愛用者の一人として、この運動に賛同します☆

マイ箸話をもう一つ。今夜、職場の友人と3人で「カキフライ定食」を食べに渋谷の街へ繰り出しました。お店の雰囲気がとっても良く、ご飯も美味しく頂きました。食後に「マイ箸」を片付けていると、お店の方が「自分のお箸をお持ちなんですね~素晴しい」と声をかけてくれました。3人とも嬉しくなってニッコリ笑った、素敵なディナーとなりました♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

涙の絵ハガキ☆

070122_0925 「じぶん じしんに とどける 言葉は がんばれ!! よりも よくがんばってるね それでいいよ という ほめ言葉」

うわーーーーーーん\(T◇T)/ 朝から号泣しました。
私の事をよく分かってくれている、後輩の一人Mさんからもらった絵ハガキのコトバです。

彼女はいつも私の事を気遣ってくれる優しい人。自分の事よりも人の気持ちを考える優しい人。私が行き詰まっている時には、声もかけずに背中をさすってくれる人。

もう、コトバでは言い尽くせない程、感謝の気持ちで一杯になりました。~(m~ー~)m

私は一人じゃない。そう思える友人や仲間、先輩や後輩が沢山います。嬉しいです。

このブログを見て下さる方、コメントを下さる方、応援して下さる方、沢山の方々に支えられて今の自分がいる事に改めて気づきました。そして、大切な家族・・・ 私はやっぱり幸せ者です☆

絵ハガキは2枚。

070122_0926 「こころを 育てて くれる 愛の言葉 楽しいねー うれしいねー すばらしいねー やさしいねー ありがたいねー しあわせだねー 愛してるよー」
ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'°☆。.::・'°★。.::・'°

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

ストップおんだん館

平成17年2月16日に発効された「京都議定書」。皆さんもご存知のように、地球温暖化の解決のために世界が協力して作ったもので、日本の目標は、1990年の温室効果ガス排出量に対して「マイナス6%」。2008年~2012年の間に目標を達成しなくてはならないのです。しかし、2002年の時点で「8%」も増えてしまっている・・・。(;-_-;) つまり、合わせて14%削減しなくてはならないのです。

私も「チーム・マイナス6%」の一員として、少しでも貢献しなくては!! そんな勢いで、まずは楽しく学ぼうと思い「ストップおんだん館」に行ってきました。o(^-^)o

「ストップおんだん館」は、大人から子どもまで地球温暖化について楽しみながら学べる施設で、2004年7月にオープンしました。地球温暖化問題を身近なものとしてとらえ、原因とされる温室効果ガスを減らす行動を起こす、キッカケ作りの場なのです。
来館者が楽しく学べるように、「情報コーナー」「ワークショップコーナー」「展示コーナー」の3コーナーのフロアで構成されています。

070118_1030  070118_1136  070118_1029

ここの展示物には、あまり解説文がありません。それは、一人一人の「感じる気持ち」や「考える力」を大切にしたいと考えているからだそうです。そこで、インタープリター(スタッフ)が館内を一緒に回ってくれます。

私たちが館内を回っている間も、何人かのインタープリターが代わる代わるガイドをしてくれました。どの方も温かい雰囲気を持っていて、展示物でクイズを出してくれたり、ワークショップ(体験型の講座)のやり方などの案内をしてくれました。_φ( ̄ー ̄ )メモメモ

070118_1047_1  070118_104700_1  070118_104701

このワークショップには、「スーパーしろくま物語」という紙芝居があり、一緒に行ってくれた友人達に私の美声を披露( ̄▽ ̄)ノ 子供達にも、とっても分かりやすい内容で、その紙芝居を見た感想を、イラストなどで表現して、壁に展示してありました。私たちも挑戦♪

070118_1104  070118_110500  070118_110600

「冬のお気に入り」を書くコーナーでは、私は自慢の「ウリコ」を描きました。

070118_1143 また、「情報コーナー」には、地球温暖化に関するさまざま書籍が並んでいます。 子供向けのものから、超大人向けのものまで様々。(HPで館内にある本の検索が出来ます)

今回は、ゆっくり見る事が出来なかったので、次回はゆっくり見たいです。

最後にインタープリターの方から、イベントの案内や地球温暖化に関するパンフレットをもらったので、しっかり勉強しま~す(o≧∇≦)o

070118_1012  070118_1013

※上記は、「くるくる・つく~る」というイベントで作られた、「キャンドルホルダー」と「マイ箸入れ」です。

【名称】 ストップおんだん館 HPはこちら

【住所】 東京都港区麻布台1-11-19
          ダヴィンチ神谷町(財)日本環境協会内

【交通】 東京メトロ・日比谷線「神谷町」駅 1番出口
      東京タワー方面 徒歩3分

【電話】  03-5114-1284

【開館日】 火曜日~土曜日 10:00~17:00

【入場】 無料

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年1月18日 (木)

代官山の精進弁当

代官山の駅前で毎日お弁当を売っているお坊さんがいる。雑誌の記事で知って、一度行ってみたいと思っていた私は、友人二人を連れておしゃれな街「代官山」へ。

改札を出て、少し歩いたところで、袈裟姿のお坊さんを発見♪\(>▽<)/

070118_122500 このお坊さんの名前は、三帰天海(みきてんかい)さん。毎朝、季節の有機野菜をたっぷり使った「精進料理」でお弁当を作っているのです。その野菜は、全て米ぬかと落ち葉を肥料に作られたものなので、この野菜自身がベジタリアンなんですって。(^▽^)V

精進料理は、殺生を禁じた仏教から生まれたものなので、肉も魚も卵も使っていません。お坊さんへの布施として頂いた、野菜や豆類、穀類を工夫して調理したベジタリアン・フードなのです。天海さんは、この精進料理を作る際には、砂糖も化学調味料も使わない徹底ぶり☆ しかも、精神的な意味もこめられているので、ただの「ベジタリアン」ではなくて、「精進料理」なのだそうです。

「本当に季節のパワフルな野菜を食べる事で、内側の元気を呼び覚まし、身体の中にたまった毒素を外へ流してくれますから、全部食べて下さいね」

070118_1222 笑顔でそう言う天海さんの世界に、私は一気に引きずりこまれました。(*^▽^*)

私たちが頂いた「玄米精進弁当」は1,250円。
毎朝、野菜の顔をみてメニューを決めているそうです。

2007.1.18(木)のメニュー
里芋煮、大根のゆずみそ田楽、車麩カツ、ブロッコリーのトマトソース、しらたきピリ辛煮、ほうれん草のおひたし、きざみ昆布煮、白菜の千切り、人参スティック、山菜の酢の物、玄米

070118_1233   070118_1234   070118_1239

竹皮の籠で出来たお弁当箱が、とってもイイ雰囲気をかもし出しています。お弁当には、手書きで書かれた「その日のメニュー」が添えてあり、野菜の絵とともに天海さんからの「今日の一言」も。

「意識は常に こころと共に 合掌 天海」(三浦大根の絵)

天海さんは、雨の日も雪の日もスクーターでやってきて、お弁当を販売しているそうです。5分で完売する日もあれば、4時間かけても売れない日もある。

「すべてご縁なんですよ」

は~(T∇T) 私たちが、天海さんのお弁当に出会えたのも「ご縁」があったればこそだったんですね!感動しました。

お弁当の味は、もちろん花マル☆ どれもこれも、素材の味がしっかりしていて、とっても美味しいのです♪ヾ(>▽<)ゞ ボリューム満点のお弁当でした。

その土地に住んでいる人が、その時期に、そこで採れたものを食べることが、エネルギーの面で考えても理想的ですよね。フードマイレージ(食べものが運ばれてきた距離のこと)が高く、季節外れの物をビニールハウスで栽培して、いつでも食べられるようになった現代の日本。これからは、子供だけではなく、大人もしっかり「食育」する必要があるんだな~、と天海さんのお弁当を食べながら思ったのでした。

でも、3人とも持参した「マイ箸」で食べる事が出来たのは、とっても有意義だったと思います♪

食べ終わったのが1時半を回っていたので、「もう、いないかな?」と思いながら駅前に戻ってくると、笑顔の天海さんがまだ立っていたので、思わず近づいて「美味しかったです」と伝えました。そんな私たちに合掌して「ありがとうございます」と言って下さった天海さんは、本当に仏様のようでした。

『三帰天海の玄米精進弁当』

【場 所】 東京・東急東横線「代官山」駅前

【時 間】 12時頃~売り切れるまで

【定休日】 土日祝

【金 額】 大=\1,250 小=\650

【その他】  予約注文可。天海さんのブログはこちら
      「季節の野菜の精進料理と瞑想のワークショップ」開催。
      精進料理のケータリングあり。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

アースガーデン冬

職場の受付に外人さんが来た日のこと。
自動ドアが開く前から笑顔で私を見つめる白人の素敵な青年♪ 思わずニッコリ笑顔を返したものの、英語が苦手な私。どうか片言でもいいから日本語で話してくれますように…(-人-)

祈るような気持ちの私の前に立った彼は、とっても早口な英語…
ガーンΣ( ̄ロ ̄lll)

所々聞こえて来たコトバを総合すると「アースガーデンってどこ?」って事らしい。
パニック寸前の頭で「ジャスターモーメント・プリーズ」とほぼ日本語的に伝え、パソコンで「アースガーデン」を検索しましたが、出てきたのはイベントのお知らせばかり。

アドレスや電話番号を聞いても、「聞いて来なかったから分からない」との返事。とうとうギブアップした私は、海外関係の部署のNさんにSOSの電話をしたのでした。ヽ(  ̄д ̄;)ノ

結局、アースガーデンという所があるから行ってみたら? という情報だけを頼りに来たというのです。そして、行けたらイイぐらいの軽い気持ちだった事が判明し、「バーイ」と手を振って去っていきました。も~、ドキドキするじゃんか~。

そこで、「アースガーデン」とは何なんだ? と気になって調べてみると、「オーガニック&エコロジーとライフスタイル」をメインテーマにしたイベントで、代々木公園で“春”“夏”“秋”と行われてきたらしいのです。彼もきっとそこに行きたかったのでしょう。

その「アースガーデン」の冬のイベントが2月に開催されます。寒い冬という事で代々木公園ではなく、浜松町の貿易センターで♪ ライブやエコに関するトーク、ワークショップもあり、節分なので「豆まき&餅つき」もあるみたいです。

【名称】 earth garden "冬"

【日時】 2007年2月3日[土]~4日[日] 10:00~17:00

【会場】 浜松町産業貿易センター 浜松町館3Fホール
     浜松町駅(北口)から350m 徒歩5分 地図はこちら

【入場】 500円

※イベントの詳細はこちら

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

火の元にはご注意を!

このブログを応援して下さる皆様へ。

いつも「エコな私のキャンドルナイト」をお読み下さり、本当にありがとうございます。ヘ(^∇^ヘ) みな様の温かいコメントや応援のお言葉には、感謝の気持ちで一杯です。

ここで、改めてキャンドルナイトを実践して下さる方にお知らせです。

冬は乾燥の季節です。キャンドルナイトが思わぬ火災の原因になりかねません。素敵なエコ生活も、事故につながっては何もなりません。キャンドルナイトをされる時は、以下の事をお守り下さい。

・キャンドルは平らな所に置く。(キャンドルホルダーを使用する)
・キャンドルの側を離れる時は、火を消す。
・長時間のキャンドルの使用はさける。
・キャンドルの側に燃えやすい物は置かない。

などです。安全で、環境に優しいキャンドルナイトをお願いいたします♪o( ^-^)o

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2007年1月10日 (水)

ブログ ミーツ カンパニー☆

企業の社会的責任「CSR(Corporate Social Responsibility)」という言葉を最近耳にします。でも、利益を追求する企業にとって、環境を優先する事は中々難しい事もあるようです。

そこで、登場したのが、「ブログ ミーツ カンパニー」。私たち消費者の声と企業とをつなぐツールです。(@^∇^@) この「ブログ ミーツ カンパニー」の目的は「より良い未来」、少しでも環境負荷を減らすための私たちの起こすアクションなのです。

実際にどういう事をするかと言うと…
①企業に対してエコ的な提案を思いついたら、「提案募集中!」のページに書き込む。
②すでに提案されている内容に「賛成」する場合は、「賛成提案」を送信。
③私たちの提案を受けて、企業がエコを実践してくれれば、メールで連絡がくるので、ブログや口コミで宣伝してあげる。
※ただし、提案は「環境負荷を減らすためのもの」に限ります!

★現在「提案」されている内容は…
・テレビ業界、グルメ番組でマイ箸を!
・コンビニのコピー紙を再生紙に
・チェーン店、割り箸やめたらすごい

などです。確かに私たちが、「こうだったらイイな~」を企業が後押ししてくれて、当たり前の世の中になったら、とっても素敵ですよね~ヾ(>▽<)ゞ

実際に、「納豆のゴミを減らしたい!」という提案を企業が受けて、環境にやさしい商品ができました。

『拝啓 ご担当者様
いつも美味しい納豆をありがとうございます。今日は私たち納豆ファンから提案があります。
良質なたんぱく、畜産に比べてもすこぶる軽い環境負荷、病気を防ぐ優れた効用…納豆はまさに地球と現代人を救う、日本が誇るヘルシーフードと言えます。
しかし!納豆を食べるたびに大量にゴミが出ます。これでは伝統食納豆が台無しです。ゴミ出しも大変です。特に発泡スチロールの容器を見直し、省資源化に取り組んでください。
また、納豆にほぼもれなくついてくる「タレとカラシ」は別売りでいいのではないでしょうか。おしょう油で食べる場合や料理に使う場合など、多くの場合タレは使いません。タレの袋の処理はとても面倒です。
コストの問題もあり、パッケージを変えることは勇気がいることと思います。しかし、大丈夫です。エコロジカルな改善がされれば、私たちが御社をブログや口コミで宣伝します。
石油に頼らないパッケージになれば、原油価格が高騰したって大丈夫。 身体にも地球にも優しいスローフード納豆。容器もエコになって、世界中に納豆を広めていきましょう。
みんなで応援します!次世代に残る納豆を提供してください。
ブログミーツカンパニー
「納豆のゴミを減らしたい!」メンバー一同』

この提案を受けて、「(有)菊水食品」さんが、新商品「頑固一徹納豆」を開発!
こちらの納豆は環境に優しい「経木」で包まれていますので、木の香りも優しく、とてもシンプルな包装です。もちろんタレなし!

これが、この「ブログ ミーツ カンパニー」の記念すべき第一弾なのです♪ヘ(*^0^*)v

エコ活動が、どんどん広がっていく事がとっても嬉しいので、私も「エコ提案」をしてみたいと思います。

ブログ ミーツ カンパニーのHPはこちら

※経木とは…ヒノキやスギを柔軟性が出る薄さにまで薄く削ったもの。日本では古くから使われてきた包装材だが、ビニール袋の普及により使用量が激減。しかし、最近、通気性や殺菌性に優れていること、使用後は焼却や堆肥化バイオマス利用ができ環境に優しいとして再び脚光を浴びている。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

ミスターハンディー

仕事始めの1月5日の朝。
実家から新幹線で出勤する事にした私は、朝早くに家を出て名古屋駅に向かいました。早朝という事もあって、キーンと冷えた空気に一気に目が覚めます。

朝食用のサンドイッチとスープを買って新幹線の到着をフリーズしながら待っていると、キヨスクにずらりと並んだ「新聞」の束が、「ちょっと読みません??」って顔で私を見ているではありませんか。そこまで言うなら(何も言ってない??)仕方がない。どれにしようか散々悩んだあげく、やっぱり地元に帰ってたんだから、地元の新聞がイイかな? と思って『中日新聞』を手に取りました。

やっと到着した新幹線に乗り、サンドイッチをほおばって、新聞を少し読んだあたりで魔物が!!(∪。∪)。。。zzzZZ 気が付いた時には、通路に私の買った新聞がドーンと自分をアピールしている。「は!」と思って新聞を取り上げた時には、新年の富士山も見逃して…。素敵な出だしとなりました。( ̄▽ ̄)ノ

そこで、ほとんど読めなかった新聞をランチをしながら読む事に。見出しをたよりにパラパラめくっていると、マジシャン「森裕生(もりゆうき)」さんのインタビュー記事が載っていました。

彼がどんなマジシャンかと言うと・・・ 実は、身体障害者のマジシャンなのです。

1982年、福岡生まれの森さんは、「脳性マヒ」で、四肢と言語が不自由ながら、逆にそのハンディを生かしたコミカルなマジックで、人々に笑いを振りまいているのだとか。中学一年生までは「はいはい」でしか動く事が出来なかったのに、頑張って歩行器につかまって登下校ができるまでになりました。障害者という事もあり「いじめ」にあい、何度か死のうと思った森さんでした。(;_;)

でも、彼は手や足が不自由で死ぬ事が出来ず、「これは、死んではいけないんだ」と思い、障害をプラスに受け止める事にしたのです。

心の持ち方が変わってからの彼の人生は一変しました。\(*T▽T*)/

『いいことだらけです。JRや映画が半額。それに、普通のタレントさんは、カラーを出すのに苦労しますが、僕は生まれたときから障害というカラーがある。だから、「色が出ないな」と悩むこともありません。僕の手や足の動きは、人にまねできない。それで楽しんでもらえます。(中略)障害のせいで、あれもこれもできないとは考えていません。障害は、神様がくれた贈り物。誇りを持っています。』

うぅぅっ(T△T) 感動です。どんな人にも使命があるから生まれてくるんですね~。五体満足で生まれた私。もっと、もっと両親に感謝せねばと思わせて頂きました。お父さん、お母さん、ありがとうございます。

マジックをはじめたきっかけは…
『他の障害者のパフォーマーにできなくて、本当に楽しんでもらえることをしたいと思っているときに、マジックショーで、病気の人たちが心の底から笑っているのを見て、これだと思いました。ぼくのキャラにあっていると。』

障害があっても、面白い事はできるから、大変な事があっても自分に誇りを持って、明るくいこうよとメッセージを送る森さんの笑顔の写真は本当に輝いていました。

ゆっくりとした喋りで冗談を連発し、時にはよろけながら披露するマジックが笑いと感動を誘っているそうです。そんな彼の芸名が「ミスターハンディー」。

いつか彼のマジックを見てみたいと思っています。(m~ー~)m

| | コメント (10) | トラックバック (0)

映画「不都合な真実」

以前見たテレビ番組での話。

ある国では、オペラや演劇を鑑賞するための劇場に多くの人が集う為、都市の中心部は毎日大渋滞に見舞われていました。政府や自治体もなんとか渋滞を減らしたいと色々考えましたが、市民の演劇熱は高まるばかり。そんな時に思いついたのが、街を走る電車やバスを利用すると、鑑賞券の一部が割引されるサービス。このサービスを導入すると、車を使う人がどんどん減っていき、見事に渋滞がなくなったのです。

エコ活動も同じで、一人一人の小さなパワーはとても重要だけれど、国や企業の大きなパワーで、全体を牽引していく事で、また個人のパワーの源になっていくんだな~と、当たり前の事を実感したものです。( ' - ' *)

この話を思い出させるような取り組みがあります。日本テトラパック株式会社のサポートにて、「不都合な真実」が500円で鑑賞できる「エコサンデーキャンペーン」。この「不都合な真実」という映画は、簡単に言うと、温暖化対策を訴えるアル・ゴア米元副大統領の講演活動の記録。「地球温暖化」へのメッセージを一人でも多くの方に見ていただき、エコについて考えてもらおうという企画なのです。

●エコサンデーキャンペーン 開催日●
2007年1月21日(日)
2007年1月28日(日)
2007年2月 4日(日)
2007年2月11日(日)

●対象劇場●
TOHOシネマズ六本木ヒルズ
TOHOシネマズ川崎
TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
ナビオTOHOプレックス
TOHOシネマズ二条

<映画の内容>
地球は人類にとって、ただひとつの故郷。その地球が、今、最大の危機に瀕している。キリマンジャロの雪は解け、北極の氷は薄くなり、各地にハリケーンや台風などの災害がもたらされる。こうした異変はすべて地球の温暖化が原因といわれる。年々、上がり続ける気温のせいで、地球体系が激変し、植物や動物たちは絶滅の危機にさらされる…。傷ついた地球を救うため、一体、今の私たちに何ができるのだろう?
そんな時、ある固い決意を胸に立ち上がった男がいた。アメリカの元副大統領、アル・ゴアである。温暖化によって引き起こされる数々の問題に心を痛めた彼は、人々の意識改革に乗り出すべく、環境問題に関するスライド講演を世界中で開き、地球と人類の危機を訴えてきた。そして、その真摯で、ユーモラスな語り口に共感した製作者が、彼を主人公にした映画の製作を決意。現代人にとって耳の痛い問題を正面から描き、見る人すべてに大きな衝撃と感動を与えるヒューマン・ドキュメンタリーなのである。

映画の公式HPはこちら

名古屋の映画館では、エコライフのチャレンジシートを配ったり、映画の半券を「エコマネー」1ポイントに交換できるなど、エコ活動の実践を呼びかける試みがなされるそうです。さすが名古屋♪万博の後もしっかりエコマネーが引き継がれています。

現実をしっかりと受け止め、そこから私たちが地球に対して何ができるかを、改めて考える機会にしたいと思っています。

公開は1月27日(土)です♪(*^ー^)/\(^ー^*)

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007年1月 5日 (金)

ぬくぬく「イスカバー」

「しばれるね~」(T▽T)ノ
年末年始と、寒さが一段と深まって参りました。太陽の有り難さを改めて実感しています。ありがたや~☆

お正月を実家で過ごしていた私は、妹と一緒に、南側の窓辺で楽しく趣味の編み物を。外は寒いのに太陽のお陰でポッカポカ。ネコの気持ちがよく分かるわ… (∪。∪)。。。zzzZZ と思っていたら一気に夢の中へ引きずり込まれていました。いや~寝る子は育ちます。o(>▽<)o

11月の終わりから冬の恒例行事である「編み物」を始めた私は、何を作ろうかな~と真剣に考えていると、良いアイデアが浮かんできました!( ^ー゜)b

私の職場では、環境に配慮して、暖房の設定温度を20℃以下にするよう努めているので、微妙な温度の時には暖房が入らないことも。\(>◇<)/ そこで、ウォーム ビズ(暖房に頼りすぎず、冬のオフィスを暖かく、快適に過ごすビジネススタイル)の一つとして、毛糸でイスカバーを作ることにしました。

061231_2039   061231_2104   070101_1109

イスカバーと言っても、ただ長方形に編んだだけですが、いつもお世話になっている方への「お年賀」に。少しでも寒さが和らげばと思っています。

大好きな編み物をして、皆さんに喜んでもらえる事が、さらに私の喜びにもつながっています。嬉しい♪(≧∇≦)/ 受ける人たちがいてくれるから、与えられる☆ あ~再び感謝です。

この冬は毛糸で心も体も温まりたいと思います。(^_^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

祝♪2007年☆

2007年の幕開けです☆O(≧∇≦)O

昨年は、私にとって「新しいことへの挑戦」の年でした。その一つが、このブログを立ち上げたことです。職場で新たに与えられた「環境担当」としての仕事を機に、自分自身にできるエコ生活をはじめたことによって、生き方がガラリと変わりました!

そして、何事にも全力投球して、「たらこ」まで作ってしまいました。(o ̄▽ ̄o)  たらこプロジェクトに参加して下さった皆様、応援して下さった皆様、見て下さった皆様、本当にありがとうございました♪ すごくイイ思い出になりました。

また、生長の家の講師として、皆様の前でお話させていただきました。叱咤激励してくださった皆様、本当にありがとうございました。生長の家では、立教以来「天地万物に感謝せよ」と教えられています。そして、すべてが一体であるという事が、私をエコ生活へグイグイと導いてくれました。本当にすべてに感謝です。ありがとうございます☆

今年も沢山の方のお役に立てるように、感謝の気持ちを忘れず頑張ります♪ そして、このブログを通して、美しい地球を未来に残す為に、エコ生活を送りたいと思っています。

皆様のコメント、情報などをお待ちしております\(@▽@)/ 一緒にエコシフトしましょう。エコ生活は楽しいです。なぜなら、自分のためだけじゃなく、他の人のため、多くの生物のため、地球のためになる生き方だからです。

どうぞ、今年もよろしくお願いいたします(*^ー^)/\(^ー^*)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »