« ミツロウがうちにやって来た! | トップページ | ついに手作りキャンドル! »

2006年9月18日 (月)

フードマイレージ☆

キャンドルナイトを実践したいけど、火を使うことが、あまり好きじゃないという人がいたので、こんなエコ活動を紹介します。

国産の小麦で作った食パンを食べる事は、冬、自宅のエアコンの温度を1℃下げるくらい二酸化炭素を減らすことができるんですってヾ(∇^〃)

海外の食べ物が日本に届くまでには、たくさんのエネルギーが使われます。二酸化炭素を減らすためには、「省エネ」のほかに、自分たちが食べ物を選んで、地球をこれ以上温めない事が大切なのです。

食べ物が運ばれてきた距離のことを「フードマイレージ」と言います。そのときに出るCo2を測って、「poco(ポコ)」という単位であらわします。なぜ「poco」なのかと言うと、水にドライアイスを入れた時、「ポコポコ」って音を立てながら、二酸化炭素になるから。そして、「ポコアポコ(poco a poco)」と言う、スペイン語とイタリア語が「ちょっとずつ」という意味からもきてるらしいです。

100gのCo2=1poco

例えば、食パンに使われる小麦の99%が外国からの輸入だそうです。その多くがアメリカで作られ、日本に運ばれてくるまでの距離は、「1万1277km」。Co2はパン一斤当たり「184g」で「1.84poco」

国産の小麦を作っている北海道から東京まで、トラックで「831km」。Co2はパン一斤当たり「34.7g」で「0.35poco」

つまり、意識して国産のもの、さらに地元のものを選ぶ事で、自分の出すCo2を減らす事ができるのです。食べ物を選ぶことは、自分の体のことを思うこと、そして地球を思うことにも繋がっていたんですね。

同じ国より同じ県、同じ県より同じ市、同じ市より同じ町。近ければ、近いほどCo2は抑えられることになります。ですが、今の日本の現状を考えると、まず国産の食べ物を選ぶように心がけるだけでも、大きな一歩なのです。

私たちの地球は、未来の子孫からの「あずかりもの」。こう考えると、エコ活動も楽しくできそうですね。(o⌒∇⌒o)

|

« ミツロウがうちにやって来た! | トップページ | ついに手作りキャンドル! »

エコ」カテゴリの記事

コメント

きゃたさん☆(^∧^)
マイ畑の話すごくイイですね。とってもエコです。そして、農薬も使ってないから、体にもGOOD!
あたしも、まだまだ勉強不足だから、「米ぬか油のキャンドル」なんて初めてしりました。天然のもののが一番だよね~。
蜜蝋キャンドルについては、こっちでも百貨店や雑貨屋さんを回ってみたけど、「蜜蝋」だけなら売ってるけど、キャンドルは無くてね。どうやら、養蜂場などがある地方にある感じでした。なので、ネットで購入するしかなくてね。都会でも同じようなものです。でも、もう少し探してみようと思っています。

投稿: シータ | 2006年9月19日 (火) 21時29分

シータさん、こんばんは☆

『フードマイレージ』なんて初めて聞きました!
エコにもいろいろあるんだね~(・⊆・) フムフム
野菜や果物はなるべく国産の物を。と思って買っているけど、それ以外はやはり安いからと輸入されたものを買ってしまうんだな~…( ̄~ ̄;)
これから気をつけよ
一番近いMY畑(と言えるほど広くないけど)で取れるものが一番いいってことですな(* ̄ー ̄)v
ぷちトマトもそろそろ終わりがけなのでジャングルを切り開いて(笑)何か作ろうかな
これから育てられるものは何かしら(@_@?)
梅子様に聞いてみよ!

『蜜蝋キャンドル』を検索していたらその他の天然素材キャンドルに米ぬか油のキャンドルなんてのもあるんだね。
知らないことばかりで日々勉強ですな(^_^;)

『蜜蝋キャンドル』を買いに近くの雑貨屋さんに出向いたけどありませんでした…o( _ _ )o ショボーン
シータさんのいる大都会と違って田舎では売ってないかしら…
売ってるショップの情報があれば教えてくださいね(^人^)

ではでは、おやすみなさい。

投稿: きゃた | 2006年9月19日 (火) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189283/11942991

この記事へのトラックバック一覧です: フードマイレージ☆:

« ミツロウがうちにやって来た! | トップページ | ついに手作りキャンドル! »